私はこのMY巨乳史を書くにあたり1980年代半ばごろからAV嬢の数が急に多くなることに関して当初はページ全体のバランスを考えてこのような「プロの巨乳さん」枠を全体の30~40%程度に押さえておくことにして相当な数のAV嬢について思い出をもちながらも間引きして掲載した。

しかしAV嬢にはいろいろな気持ちに応じてそれぞれ個性的な豊乳を私に恵んでくれた忘れ得ぬ人たちが多く、やはりそのままにするに忍びない気持ちが日々強くなってきた。そこで今回は某先輩ページの管理者の助言も得てそのような豊乳女神たちについてつたない文ではあるがいとおしい思いをつづらせてもらうことにした。まずはその第1弾です

 

岸ゆり

岸ゆり

これほどお世話になった素晴しい豊乳を載せないでおいたなんて罰当たりだー。しかしちょっと個人的グチになるがアダルトビデオというのは往々にして「貸す」=「あげる」の同意語になってしまう傾向があり、特にアダルトビデオを刹那の楽しみのための消耗品としかとらえていない人たちにとってははなから返すという発想すらないらしい。

私たちのような者にとって巨乳さんの画像がいかに大切なものかなどは理解しようもないらしくこれを言うとかえって「おまえは変なお宅だから気をつけたほうがいい」などと言い出す始末であるからいつのころからか巨乳ビデオはダビングしてしか貸さないようになった。

岸さんはそのようなわけで手元からビデオが無くなっている状態で掲載を断念したいきさつがある。しかし九鬼における彼女の演技はよかったねえ。仰向けで腕をクロスしての胸を揺らす映像はその後巨乳物では定番になったが岸さんはおそらくそれが似合う女優の先駆けだったのではなかろうか。

 

西野美緒

西野美緒a 西野美緒b

和製トレイシーローズの異名さえ戴いた西野さんはたしかに外人的バランスのボディーでこれほどの胸でもあまり「巨乳」感は感じさせなかった。

セックス時の反応も外人女優のそれに似ていて男優に攻められているようで実は完全に自分のペースでリードして攻めていく、駆け出しの男優では演技の上であっても思わず溺れさせられてしまいそうになったのではなかろうか。保険外交員とか訪問販売員とかはAVでおきまりの設定であるがこれらが誰よりも似合う方であったように思われる。

 

北原志穂

北原志穂a

岸さんと同じ理由でお気に入りだったビデオを失ってしまっていたショックで(?)掲載が遅れてしまっていた子である。

このようなロリっぽい感じの子は必ずと言っていいほどブルマー姿の生徒の役で、わざとらしくジャージ姿に竹刀を持った先生役のチョコボさんなどに面白おかしく遊ばれるという設定が回ってくるのであるが、たぶんもう少し年齢が高くなってくるととてもいい感じの母性や包容力が出てくるのではないだろうか。しかし残念ながらそのような年齢でもAVを続けてくれる人は少ないのが残念である。

志穂のお乳はミルクタンクというキャッチフレーズが懐かしいが本当のミルクタンクになってからの胸も是非見てみたいものである。今ではかわいい「ママ巨」になっていればいいですね。

 

星みちる

星みちるa 星みちるb

ドラマの女優さんについてついついそのドラマの中の役柄の人の性格がその女優さん本人の性格であると錯覚してしまうことはざらにあることである。

星みちるさんもおとなしそうないでたちで陵辱されるばかりの性格が印象に残ってしまいがちだが普通に恋人になってエッチを楽むとしっかりと自分の快感をエンジョイできるようなタイプかもしれない。白くてふわふわのマシュマロタイプの胸、癒しなどという流行語が存在しないころからもしっかりとその豊かなまるみは私たち胸フェチをなぐさめてくれていたのです。

 

松田千夏

松田千夏a 松田千夏b

1990年代後半の「コギャル」繁栄の波は当然AV界にも押し寄せた。コギャルAV嬢の数はかなり増えたが千夏ちゃんもそんなタイプの一人である。

一世代以上前の人間にとっては彼女たちが何でも抗菌仕様の製品を買うくせにだれがゲロしたかわからないような駅のホームの隅の地べたに座りこんでお化粧したりサンドイッチを食べている衛生観念にはどうもついていけないものがあるが同時にエッチに関する常識も10年前のAV嬢たちに比べてずいぶん変わってきているようである。せっかくこのようにきれいに育った胸に恵まれているのだからあまりがさつに扱わないでどうぞ大切にみがいていってほしいものです。

 

大沢 環(たまき)

大沢 環(たまき)

ここに掲載するということはもちろん私にとってフェバリットであるからだということをあらかじめことわっておいた上でこの人については願望のようなことを言わせていただく。

トップ125cmのIカップでいったいまだ何が不満なのだ、と叱られるかもしれないがたしかに身長160cmくらいで華奢な体の子にこの胸がついていればもう問題が無いし、絶対的な大きさは充分あるので実際に相対すれば甘えるのにもいい大きさかもしれない。だがしかし環さんのボディだからこ相対的な意味でこれではまだまったく達しきれていないもどかしさを感じてしまうのである。

175cmの身長でこれくらいの体の横幅を持っているこの体型においては乳房の根本が扁平につぶれてしまわないもっと太い裾野でなくては体に見合う大きさまで成長ができないのであろう。彼女くらいの体型ならばトップが150cm程度でアンダーとの差が50~60cmといった桁はずれの領域もけっして夢のレベルではないと思えるのだ。

もっとも今まだこのような数値を日本女性に求めるのは過大な要求かもしれないがいずれは現れてくるだろうし今でも皆無ではないかもしれない。環さんの大柄なボディにはそんなこれからの巨乳の可能性を託してみたくなるのである。

 

牧瀬めぐみ

牧瀬めぐみ

私は当時業界で肩を切っていたダイヤモンド映像の作り方があまり好きではなかった。エッチに関しては村西監督に代表される独特のポリシーがあったのだろうが少なくとも巨乳好きの心理を理解した作り方ではないなあと感じていたからである。だから牧瀬さんについても他からならよかったのにと残念な思いを持ちつつ見たものである。

性急すぎる場面展開でゆっくりと乳房の魅力に浸る余裕がほしかったと今でも思うのですがいかがでしょう。

 

庄司みゆき/田中露央沙/いとうしいな

庄司みゆき 田中露央沙 いとうしいな

こちらのページを見てくださっている方の中には80年代中盤から90年代の前半にかけて活躍した多くの巨乳系AV女優が意外と登場しないことに気づかれていることと思う。

たとえば比較的早い時期の菊池エリさんに始まって樹まり子、五島めぐ、木田彩水、あいだももといったところである。私はもちろんこれらの出演作品もほとんど見てはいるのだがそのころの自分は「圧倒的な迫力」を感じたい気持ちが強かったため今ひとつ満足しれていなかったように思われる。

ビデオのキャッチコピーも「巨乳」をうたっていながら内容はあまり巨乳へのこだわりを見せてくれないものが多かったこともある。しかしこのあたりの時代の人たちにまったく触れないのも味気ないので何人か当時気に入っていた人を何人かピックアップしてみた。

立ってのセックスは最高と評されていた庄司さんはけっこう好きでした。立っても寝ても味のあるエッチでしたね。元気娘の田中露央沙さんもそのぷっくり乳輪が気に入っていましたね。そしていとうしいなさんはあまり巨乳ではないと思いつつその垂れかたがけっこういいなあと思っていました。

それぞれの子についてゆっくりと胸を鑑賞する余裕があったらもう少し違う感想も持てたように今になると思えるが当時はそういう点でも性急でバブルな時代であったのだろう。

 

小泉陽子

小泉陽子a 小泉陽子b

筆者がエッチしたい巨乳さんは?と聞かれると5番以内に入ってくる方です。時々巨乳ページの掲示板で「ウェストが締まっていて胸はFカップくらいが一番いいと思う」というような書き込みを見かけることがあるが、体全体のスタイルの一部分として大きな胸を欲しているいわゆる「ナイスバディ派」の人たちにとっては小泉さんなどは問題外なのかもしれない。

そしてかとうれいこに憧れ、青木裕子に惚れ抜き小池栄子を賞賛する私が同時に森川まり子、大沢環、春奈、渡会そしてこの小泉さんといったところもまったく区別せず魅力を述べることも理解しにくいことかもしれない。そのような人からは「ただ大きければいいんでしょ」と言われるかもしれないが、もちろんそれは基本ではあるもののすべてではないんだなあ。

さて、小泉さんもさすがに脱いでまっすぐに立つと乳房は扁平につぶれて「水枕型」になって垂れさがるがしかしそれでもこの重量に耐えてこの丸みを保っていれば充分魅力があるし、巨大になるあまり自らの大きさに耐えられず手から型崩れを起こしながらこぼれ落ちる様というのも巨乳の良さである。巨大なもののみが得られる特権的光景とでも言えよう。たわいのない話をしながら彼女に「腹まくら」になってもらって中指や薬指のように不器用な指でゆっくりと乳輪や乳頭を撫でてあげたいものです。

 

私はそれほどAVを見るほうではないのですがそれでも巨乳だけにしぼって見ているうちにけっこうな数の方を見てきたものなんですねえ。今回も懐かしい方からわりと最近の方までを拾遺してみました。

 

藤尚美

藤尚美a 藤尚美b 藤尚美c

AVとしてはおもいきり古いところの方をお一人紹介しよう。1981年はまだAVとポルノと裏ビデオの区別が混沌としていた時代である。

AVと裏ビデオの関係はニワトリと卵のようなところがあり、その後一般的になったAVの撮影時に同時にセカンドビデオカメラで撮影したものを裏ビデオとしてビデ倫を通さずに販売する商売方法が一般化してからはAVが先ということになるのだろうが81年当時アンダーグラウンドで裏ビデオを専門に作る人たちがいて、82年に裏ビデオというものを世間に有名ならしめた「洗濯屋のケンちゃん」やその年名作として知られその制作集団が警察に逮捕されたことでも有名になった「コンバット」などが登場することになる。

ちょっと解説に行を割いてしまったがこの名前を思い出せない巨乳さんがいかにAV登場当時の不安定な時期にいたかということである。11PMで「この体は見せないのは罪だと思った」と藤本義一さんに話していたことを覚えているが巨乳がきわものとしてしか一般のテレビでは扱われていず、一般の人にアピールするための受け皿すら無かった時代の苦労がしのばれる。

注)名前を教えてくださった方、どうもありがとうございました。

 

豊田香理奈

豊田香理奈

今では何のためらいもなく「小さくてかわいい胸だね」と言ってしまいそうになるが、80年代の前半は巨乳さんにはこのての体型の方が多かったようだ。痩せてはいず、かといってポチャでもないのだが潜在脂肪は相当にある、すなわち体脂肪計に乗ってしまうとかなりの数値になるようなタイプとでも言えばいいのかな。

したがって胸もどうしても張りや弾力はなくやわらかいマシュマロテイストなものになる。だから仰向けになってしまうと流れきってしまって物足りなさが出るものの普通に体を起こした状態で後ろから抱きしめたらやわわかくてとても気持ちがいい感じでしょう。まだ息長く活躍されているようですね。

 

水野はるき / 鈴川玲理

水野はるき 鈴川玲理

AVにおいてこの胸の大きさのクラスはまさに激戦区である。女子柔道なら48Kg級付近とでも言えようか。胸の大きさだけを売り物にすることはできないレベルなのでその子なりの美しさや個性、エッチそのものの演技、すなわち本来のポルノグラフィーで必要な要素で勝負をしなくてはならない。

そもそも巨乳のみを鑑賞するフェティッシュなAVのほうが正統派ではないのだからこれは当たり前のことではあるのだが。

 

二岡ちなみ

二岡ちなみ

なんたって二岡さんはこの乳輪、乳曇である。CDシングルよりも大きく(いや普通のCDくらいあるかもしれない)色は胸にグラデーションで溶けこんでいく、それこそ微乳の人の乳房全部と同じくらいの面積を乳輪だけでもっているすごさ。

後ほど登場していただく夕樹怜奈さんと共に大きな乳輪が好きな私としてはこのような人に是非プライベートで会いたいという夢を抱いております。

 

山吹ケイト

山吹ケイトa 山吹ケイトb 山吹ケイトc

外人のような名前だけど別にハーフではないですよね。(ちょっとよくわかりません)仕事中でもブランドもののことばかり考えて昼には同僚と男の話、いろいろな遊びもやりつくしてるちょっとやる気のないOLさん、といったリアルな妄想を抱かせてくれる彼女。

エッチもとても現実的妄想にひたりやすいリアルでまったく演技っぽくないところがいいですね。巨乳度合いはそこそことはいえ、もし職場にいたらもう気になって気になってしかたないことになるのではないでしょうか。今回は巨乳好きが一番あこがれるこのシチュエーションを連続画像で。

 

藤沢なるみ

藤沢なるみa 藤沢なるみb

風船のようにふくらんだ、という表現がまさにぴったりくる藤沢さんの巨大な乳房。ところが意外とマニアの間でも大好評というわけでもないようなのはなぜなのだろう? 体のあちこちにある傷やら不思議なできものなど汚れた良さがあまり受け入れられないためなのだろうか。

私としては彼女が日焼けサロンでビキニのあとをくっきりつけて焼いてしまうことだけが少々残念なのであるが。

 

高嶋陽子

高嶋陽子

乳房の大きさをブラジャーのカップサイズで表そうとしてもある程度のところを超えるとあまり意味が無くなるという理論は以前書いたところであるが、セックスをするにあたって胸で遊ぶときにもある程度を越えると手や口にあたる感触はさほど変わらなくなるものかもしれない。

だからその点においてはこの程度の大きさがあれば充分なのかなあという気もする(Iカップをもって”この程度”というのも相当麻痺した感覚なのかもしれませんが)。だからそれでもなおより大きいものをと望む感情はエッチとは厳密には異なるものなのかもしれない。それは自分でセックスするのではなく傍より見る第3者的心理であったり着衣を眺めて想像する心理のほうが勝っている場合ということであったりもするのだろう。

実際に恋人が高嶋さんのような胸を持っていていつもその暖かくてやわらかい膨らみが抱き合ったときに最初に自分の体に触れるなどということになればその女性がかなりのわがままだってきっと我慢できるのかもしれない。

 

森川珠里

森川珠里a 森川珠里b

高嶋さんの項で書いたように巨乳へのあこがれは必ずしもセックスと一体ということでもない。この珠里ちゃんの着衣姿などは右のエッチをしているところよりもはるかに様々なことを想像できる。

街を歩く女性を見るときにもこのようなサイズを標榜しているAV女優やグラビアアイドルの胸をベンチマークとして「ほぼ誰と同等の大きさだろう、形は? 色は? 乳輪は?」とすれちがうわずかな時間で頭の中のCPUをフル回転させるのである。

珠里さんは公称G、高嶋さんはIでちょっと見た目に疑問は残るが街で出会うこれより大きい着衣巨乳の人がJ、Kあるいはそれ以上の大きさなのだと思うとほんとにそういうものがほしいなあ、とたまらない気持ちになるでしょう。

 

岡本

岡本a 岡本b

どこでも見かける女の子どうして買い物をして歩いている子、特に美人でもないしナイスバディーでもないし、特別おしゃれでもないし、しかしそんな凡庸さもただ一つの宝物ですべてふっとんで最高級の女性になれる。

なんのとりえも特技もプロフィールも必要なくなる力わざ、いくらテレビのCMやドラマで今をときめくアイドルが微笑んでいたって私はあっさりこの子のほうを選びますから。

 

南麗奈

南麗奈a 南麗奈b

やわらかいふわふわタイプのおっぱいの子はなぜか色もすごく白いのはなぜなのだろう?まさか脂肪の色が浮き出しているわけもないのだろうが不思議な傾向である。

さて、ふわふわおっぱいの麗奈さん、どうしても迫力は出にくいものの思いきり抱き合って体を密着させたら気持ちよさそうなのもこのタイプの胸である。ふわふわおっぱいは右のように横になったときの形のひしゃげかたが味があっていいなあと思うのだがどうでしょう。

 

美鈴ゆうか

美鈴ゆうかa 美鈴ゆうかb

ゆうかさんの全身を見たとき背の高さや体の大きさに比べてそのアンバランスに大きな胸にはなかなかどぎもを抜かれてしまった。どう言い表したものかと思うが例えば「まるで豊胸をほどこしたような天然巨乳」というのはいい誉め言葉ではないだろうか。

 

80年代後半から90年代はAVから多くの巨乳アイドルが登場しましたがそれに伴い巨乳というレッテルを冠する基準も一気に高くなりました。私見ではありますがグラビアやファッションモデルに比べて平均的に魅力のレベルは全くひけをとらない、またはフェチにとっては完全に逆転した時代でもあったのだと思います。

 

美里真理

美里真理

美乳が嫌いなわけではないはずなのになぜか反応できなかった人たちというものがいてこの美里さんなどもそうであった。これといった欠点の無いところが強いて言うと欠点とでもいうのだろうか。

しかし今見るとこの乳輪と乳頭とのバランスなども絶妙で素晴らしい。グラビアモデルが水着を着ている間は絶対に勝負できないところでエッチ抜きで勝負できる、まさにAVグラビア女優とでも言えよう。

 

篠原玲奈

篠原玲奈

この子がデビューした当時はすでに松坂希実子も活躍しており時代はGカップ以上のレベルの時代に入っていたから胸をセールスポイントとして出てくるのは一見不思議に思えたものの篠原さんの胸はなぜかしっかりとした存在感がありひかれるものがあった。華奢な体で無我夢中でエッチをする姿は特に印象的でよく覚えています。

 

夏川みほ

夏川みほ

実はパイズリはあまり巨大な乳房で行うとまったく気持ちよくないのだ、ということを聞いたことがある。確かに洋モノを見ていてアメリカの男優のヘチマのように大きな陰茎さえも軽々飲み込んでしまう巨大な乳房の黒人女性でパイズリしていても彼自身はどうもいまいち気持ちよく無いようでいろいろ手を持ちかえたりしているシーンを見かけることがある。

このみほさんはまったく巨大乳とは言えないレベルであるがパイズリはむしろちょうど良い感じにフィットするようである。鬼闘監督の撮影もなかなか胸をフィーチャーしておりよかったですね。

 

夕樹怜奈

夕樹怜奈a 夕樹怜奈b

この後まもなく小泉麻由として一躍人気AVアイドル女優の仲間入りをした怜奈さん(これも本名ではないのかな)のまだつい昨日スカウトされたような素人ぶりを見ることができる。ギャル典型的な低めのハスキーボイスでいいかげんな返事をしていたかと思えばしかし感じ始めると横を向いて快感を押し殺すような味のある小声であえぐ。

おそらくムーディーズのスカウトさんはこのビデオを見てこれは急いで契約しなくては、と即決したものに違いない。色白肌に巧みにちりばめられたほくろ、短い爪、ぽてっとした下唇、密かにMY IDOLを見つけたときの喜びをかみしめていたのだがやはり彼女はまたたくまに「みんなの麻由ちゃん」になったなあ、、

 

五島めぐ / 木田彩水

五島めぐ 木田彩水

怜奈さんのあとに置いてしまうとさすがにその大きさのレベルの違いを感じてしまうものの今の時代であってもこの胸の価値が低くなるわけではない。

当時私はあまりこの2人に反応できなかったのだが木田さんはその顔も胸も高い品位がただよっていますね。小さな乳輪の好きな人にはこの胸はたまらないであろう。五島さんはまるで新妻という役をやるために生まれてきたような容姿でしたね。

 

観月まり

観月まりa 観月まりb

AV女優の名前はよく同じ時期のアイドルのパロディーが多いがということはマリさんデビュー時期に観月アリサさんがデビューしたのでしょうね(そっちのほうは全然興味が無い)。

ふわふわおっぱいなので巨乳に見える状態が限られてしまうもののなかなかの美乳であった。今回若き日の鷹さんもいっしょに載せておきましょう。

 

湯川えり

湯川えりa 湯川えりb

うーんすごくかわいいので珍しく全体の画像を載せてしまった(笑)

おっぱいは10人10色とはいえいくぶん没個性な胸というのもある。しかしえりちゃんの胸はもうすぐわかる特徴のある胸ですね。Gカップとしては小さめだがなんといっても目立つのが濃い乳輪色。ときどき乳輪の色が濃い人はエッチのやりすぎなどと言われ女性でも色を薄くしたがる人がいるようだがもちろんそれは誤りである。

同じ人では経験が無いときより経験が多くなるほど色が濃くなっていくことはあるが人ごとの差異はこのことは関係がない。もうこんな胸がエッチのとき目の前で揺れていたら私などあっというま、です。

 

井上千尋

井上千尋a 井上千尋b

背が高い女性も好きな私には千尋さんにはまぶしい憧れを抱いてしまう。スポーツ選手的なややがさつでさばさばした感じはもし相対したら気後れしてしまうかもしれない、コンプレックスをくすぐられるタイプである。

エッチもスポーツを見る感がある。おっぱいのすべても無駄なく使い切るようなまさにハイパフォーマンス巨乳とでも言えようか。

 

樹里あんな

樹里あんなa 樹里あんなb

AV女優の名前は同じ時期のアイドルの名前をぱくったものの他にいろいろその時代を表すものが多くこの方の場合もそのころのジュリアナ東京、ボディコンに扇子の女の子たちの姿をつい昨日のことのように思い出させてくれる。

せわしない映し方がいかにもバブリーな時代らしいが胸は素晴らしい。まったくもっと落ち着いてその豊かでやわらかそうな乳房を見せてほしかったものですよ。

 

椎名舞

椎名舞

正直言ってしまえば「まあ、、ね」という感じしか抱かなかったのではあるがいくぶん自分の理想と現実が乖離しすぎてしまっている状態なのかもしれない。現実で運良く出会って彼女さんになる子が「私胸が大きいから」と言った場合でもこのくらいである率が最も高いのであろう。

いかんなあもう少し普通にならなくちゃ生きていけないような気がするときも、、たまーにはあります。

 

広菜れい / 鈴木亜莉沙

広菜れい 鈴木亜莉沙

残念ながら少ししか見たことがないのでこのお二人についてはあらためてよく見てみたいという希望の意味あいで載せてみました。でも二人ともきれいですね、お顔もお胸も。