MY巨乳史外伝

MY巨乳史で掲載しなかった巨乳さん、あとから思い出した人たち、どうしてもというリクエストにしかたなく応えたもの(笑)などなどです。

 

池波志乃

池波志乃ikenami01

次点などというおこがましい理由ではないのですが、MY巨乳史に掲載しなかった人でも思い出に残っている胸はいくつもあります。まあ日々そんなことばかり思って生きていれば当たり前のことではあるんですけど。

ちょっと上向き鼻の落語家の娘さんである池波志乃さんはたしか加山雄三さんが主演していたデパートのドラマで加山さんに思いを寄せながら相手にされないデパガさんの役で出ていたときのソフトな濡れ場がなぜか印象に強く残っています。今、小池栄子さんがちゃきちゃき江戸っ子風巨乳で人気爆発していますが今回は元祖江戸っ子巨乳の池波さんの画像をひとつ。

 

松下由樹

松下由樹matsushita03 松下由樹matsushita04

先日ドラマ「おまえの諭吉が泣いている」を見てその変わりように時の流れを感じてしまいましたが、やっぱり松下さんが胸マニアの心を捉え始めたころはこの波の数だけ、、でしょう。しかし90年代末の顔黒メークとはまた異なるこの頃の色黒メークが不思議なイメージですね。

 

中村綾

中村綾nakamura

かとうれいこは別格だったので置いておいてこの子のような感じが1990年という時代を典型的に表しているのではないかを思えるんです。

もちろん2000年ではもう巨乳なんて言われることは無いのでしょうけど。深夜番組で司会などしてけっこう人気あったんですがその後見かけないですね。

 

奥山佳恵

奥山佳恵okuyama 奥山佳恵okuyamayoshie308231

15少女漂流記と悪魔のキッスのころはよかったね。エッチっぽさはあまり感じさせなかったのだけど。

 

河合奈保子

河合奈保子kawainaoko

もーわざと載せないでいたのにー 友人のリクエストで、Smile for me!

かとうれいこの本当に好きな画像

[画像削除]

この人の場合常に自分の大きい胸が嫌い、という意識が必ず写真の中にもわずかながら現れているということが特徴であったように思われる。もし彼女自身が胸を大きく見せたいという気持ちを持っていたらきっとがらっと違う印象の写真になっていただろう。出てくる時代が早すぎたのだろうか、パイオニアとは常にそういうものなのかもしれないです。

 

青山知可子

青山知可子aoyamachikako02

文庫版写真集を大切にとっておいたのに捨てられてしまった。(たぶん母親のしわざ)火サスか土ワイのどちらかによく出ていたけどどことなく不幸を背負ったような顔の表情が過去を背負った女性の役にうってつけだったのだろう。

しかしドラマ中ではその豊かな胸を使うことはなかったように思えるのだけどどなたかご存じだろうか。

 

池上麗子、山川小春

池上麗子、山川小春ikegamiyamakawa

アメリカは小さい都市のストリップ(例の鉄棒が立ってるとこです)でも必ず何人か巨乳なダンサーがそろっているようだが日本ではストリップで活躍している人には意外と巨乳さんは少ないようだ。山川さんはなかなか巨というよりは美乳系のダンサーさんでしたね(した、などと過去形で書いてすいません。今でもご活躍かもしれないですね)

隣はまた一時期人気のあった池上さんです。山本監督とよく温泉リポートなどしていましたが巨乳の子を目の前にしても山本監督ってごく普通にしていられるとこがさすが大御所。

 

藤ノ宮礼美

藤ノ宮礼美fujinomiya01 藤ノ宮礼美fujinomiya02

わたくしはこの胸は好きですね。丸い形状にテクスチャー、どうしてどうしてなかなかこのような美巨乳にはめぐりあえるものではないですよね。そしてちょっと疲れた恥ずかしげな顔、とはいうもののやっぱりAVでは地味な存在でしたねー。

 

高尾晶子

高尾晶子takaoakiko

高尾ちゃんを出すんなら岡本さんが先だろうやっぱ、というご意見至極ごもっともです。でもごめんなさいね。

彼女自身番組で話していたように彼女の胸は中身があんまり詰まっていないふわふわおっぱいでお風呂にはいると浮いてしまうタイプなのだそうけど世の中にはけっこうこのふわふわが好きな人も多いようです。

 

マリリン・ランジ

マリリンランジmaririn

プレイメイトオブザイヤーにも選ばれた人であるが顔がちょっとカーペンターズのカレンに似ている。もちろんアメリカのプレイメイトだけあってもっと巨乳の方もたくさんいたが70年代のプレイメイトの中では特に印象に残った人である。

まだヘアは許可されていなかったため、この股間のスムース処理が墨塗りにかわって画期的方法とか言って使用されるようになったのだが、私はこれが大きらいで「マネキン化処理」と呼んでバカにしていた。

まったくセクシーさを欠如させることおびただしくこんなことをするくらいなら、まだ物で隠すか墨を塗るほうが性器が存在するのだということがわかってずっとよい。もう一人とても印象に残っている人がいたのだが名前も思い出せなくて今探し中です。

 

ジャネット・ルポー

ジャネットルポー

歴代のPLAYBOYのプレイメイトの中では誰が一番巨乳だったのだろう、という興味から少し調べてみたのだがこれが簡単にはいかないことがわかった。50年代、60年代のプレイメイトとなると写真が入手できないものが多いのである。昔持っていた文庫版のプレイメイト全集を今まだ持っていたらと悔やまれる。

さて、このジャネットは当時私の回りではあまりに顔が「男っぽく」て敬遠する向きも多かったようで、日本人好みするもう少し華奢なサンディーケーグルなどのほうが人気があったのであるがもちろん私は密かにジャネットを押していた。その胸はおそらく歴代の中で相当上位にくるのではなかろうか。

 

キンバリー・マッカーサー

キンバリー・マッカーサーkimbery05

キムはスーパーでレジの仕事をしていた。彼女に目をつけた男の子がいつも声をかけてきてくれたが、彼はキムが仕事中はスーパーの固い制服の上っ張りを着ていたので、実はその下にすごい巨乳が隠されているとは知らず、ある日ついにホテルで服を脱いだキムの姿を見て彼はびっくりしていた、という文を読んで私は内心笑ってしまった。

「知らずにいた」わけなどはない、彼は絶対最初からキムがすごい胸に違いないと見抜いてがんばったのに決まっているのだ。しかしながらきっとすごいとわかっていても初めてこの豊かな胸が眼前に現れたらやはり幸福死しそうな気持ちになるのも確かだろう。

 

キャンディー・ラヴィング

キャンディー・ラヴィングcandyloving04b

アメリカのモデル特有の挑戦的表情をほとんどしないキャンディーは、日本人にも親しみやすいかわいい顔のプレイメイトであった、彼女が日本版PLAYBOYに登場したときは女子大生でしかも奥さんであり、プレイメイトで既婚の人が登場したのは初めてであるというような説明がなされていたように思う。

やや垂れたそのおっぱいも日本人巨乳に近い親近感を感じさせるもので私はこのキャンディーが日本でのプレイメイトオブザイヤーになるものと信じていたのだがまだまだ当時は巨乳愛好家は少なかったのだろうか。一人部屋でむしゃぶりつきたい思いにかられたことを今でも思いだせます。

 

カレン・プライス

カレン・プライスkarenprice05

こちらは一転してやや濃いめのプレイメイト。たしかスペイン系移民の血をひいているというような説明がなされていたと思うのだが、ちょっと記憶が曖昧である。1981年ごろは私はひどく忙しく自分の部屋でゆっくり雑誌を楽しむ余裕がなかなか持てなかった。慌ただしい日々の中で買ったもののすぐ積んでしまってゆっくり見ていなかった雑誌の中にもまだまだ珠玉のおっぱいがあったのかもしれない。

自分にとって空白の数年を作ってしまったことは非常に残念なことです。