MY巨乳史外伝5 大拾遺大会だ!

外伝だけで1セットできてしまいそうな雰囲気になってきてしまいましたが私個人的にはあまり思い出深い人ではない方も多いので今回はコメントをあまり添えずに掲載しておくことにいたしましょう(ウソ、おしゃべりだから?)

 

田中ミカ / 田中なおみ

田中ミカ 田中なおみ

田中ミカさんはビデオを見たいと思いながらついに見ることができずに終わってしまいました。このころは巨乳ということを表すのに「Dカップ」という語を使っていたのですがもちろん彼女はそんなもんではないでしょう。

なおみさんのほうについては当時あまりコパトーンで見事に日焼けしたボーイッシュ&ワイルドな感じがあまり好みでなかったためあまり入れこまないままになっていたものです。

 

松田瞳 / 吉沢真央

松田瞳 吉沢真央

 

中山麻里

中山麻里a 中山麻里b

おそらく2000年ごろ彼女をテレビのワイドショーで見た人たちは三田村邦彦との離婚で般若面のようになった彼女の姿しか知らないのであろう。しかしサインはVの椿麻里を覚えている。

私たちにとってはこれは悲しいことである。なぜこれほど恵まれた容姿に生まれたというのにもっと上手に齢をとることができなかったのかと。

(すみません、ちょっと間違えてまして、、、)

 

坂木優子 / 中島史恵

坂木優子 坂木優子b 中島史恵

93年のデビュー直後の坂木優子さん、今見ても見事ですね。その後かなりダイエットしたのか胸もアベレージレベルになってしまったのですがこの頃の写真もうちょっとたくさん集めておけばよかったと後悔しています。

中島さんはなんで今?と思われるかとも思いますが93年のデビュー直後の珍しい映像を持っていたものでつい載せておいたといいますか。

 

立川宣子 / 渡辺薫

立川宣子 渡辺薫

立川さんもなんで今?と感じられることと思いますがこちらもまた93年のデビュー直後のものということで。

 

水谷さとみ

水谷さとみ

釣り馬鹿日誌とかトラック野郎という映画ではちょい役に豊乳な人が登場することが多いのでマニア的にも楽しみがあります。縦にちょっと平べったいおっぱいが寄せられてるのがなんかえも言われずエッチな感じですねー。

 

国仲涼子

国仲涼子a 国仲涼子b

毎朝その胸が明るくおしゃべりするのを見つめてたさー ごめんなーエリーこんなページで出してしまってー

 

盛本真理子

盛本真理子

これほどの美しい体を持っていても芸能の世界ではほんの脇役存在にしかなることはできなかった。

しかし覚えている人は絶対覚えている、そんな盛本さんでしょう。私はテレビの「白い巨塔」で財前教授にあてがわれたお店の女の子の役でちょっと出たきたときのその胸が今でも印象に残っています。

 

石井小枝

石井小枝a 石井小枝b

VCAのザ・爆乳で私が初めて見たものがこの石井さんでした。

その後一時お金に困ってビデオを手放してしまったことが今ではひどく悔やまれます。このVCAシリーズの中にあっては今では平均クラスの胸なのでしょうけど本当にずぶの素人という雰囲気は普通のAVからは得られない貴重なものであったと思っています。

 

奈保子 / 南条レイ

奈保子 南条レイ

1980年代の後半の5年は巨乳AVの第1次全盛期とも言える時代で私もその中で特に思い出に残る人たちを幾人か書いて挙げてきたところであるが残念ながら1度くらいしかレンタルで見たことがなかったために思い出を語れることがなかった人たちにもこのように素晴らしいお胸を提供してくれた人たちが多くいる。

奈保子さんは確か北村美加さんなどと同じ86年ごろのデビューであったと思うのだがEカップは当時はずいぶん巨大に感じられたものである。AVに入ってからみるみるお嬢様的にきれいになっていったがまだ風俗嬢をしていたころの画像を載せてみました。

 

立原友香

立原友香

八重歯(きば?)が特徴の立原さん。80年代後半の巨乳ちゃんの典型であるちょっと華奢でかわいい感のある子でしたね。

 

国見真菜

国見真菜

まあDカップというとこですがまったく垂れていない鳩胸系の豊乳さん。脱ぐと少々がっかりさせられることもあるかもしれないが着衣においては美しいシルエットを出していました。

 

舵川まりこ

舵川まりこ

やたらとよく見たなあという記憶ばかりがあるのだが何に出てたのかなぜか思い出せない(笑)

 

塩田彩子

塩田彩子

東大出身のレースクイーンとかいうふれこみでレースクイーン服にパラソルなどを持っている写真を初めて見たときは「ふーん」ととくになんということはなく見過ごしてしまったのだが後に水着を見て「あれ?」と見直した。

まさに「人はみかけによらない?」ものである。

 

寺島なつ

寺島なつ

BIKINIという番組を見ることによって私はこのBIKINIという衣服のネガティブな側面を感じるようになってきた。下着のブラジャーを含めこのビキニはもともと乳房という揺れ動いて困るものを包んで安定させ、また保護することがプライマリーな目的であった。

その後に小さい胸を大きく美しく見せるという目的が登場するのであるがこちらのほうに偏りすぎてくると特にC,D,Eカップ付近の胸がみんな同じように没個性になってつまらなくなってしまったように感じられてきたのである。私は別に山田まりあちゃんのことを嫌いでもなんでもないししゃべりは好きであったけれども「寄せて上げては飽きたなあ、大きな乳房を袋の中に入れるようなものを見たい」といつも感じていた。

そんなわけでメンバーの中でそれをいくらかでも感じさせてくれた熱湯CMでもおなじみの寺島さんを掲載しておこう。