美和(という名称であることもあった)

美和MIWA504121 美和MIWA504122

いわゆる「素人役」で雑誌にいろいろな名で登場する「プロ」の女性、なんと言ったらいいんでしょう、プロの素人さん(?)だから名前など意味がないし、趣味だの好みの男性だのとにかくなんとなく空間を埋めるため書かれたようなプロフィールのなんと空しいことか。言葉がこれほど空虚であることを感じるのもこのての雑誌の特徴であるが所詮は街で知らない女性のものすごい胸に引きつけられるのはこういう状態のことを指すのであろう。

そこで駆け寄って本当の名前を聞いて誘うことができるような尊敬すべき方々は別であると思うが。 このようにすごい人がいるんだからがんばれよ、ともう一人の自分がこれもまた空しいかけ声をかけ続けて数十年を過ごしてしまったのだな。