山咲萌

山咲萌yamazakimoe02 山咲萌yamazakimoe06

私が親しくしている友人の奥さんは私のことを軽蔑していない(らしい)数少ない女性の一人であるがその人は私にあきれた人だと笑いながら「もう、おっぱいなんてある程度の大きさあればそんなに感じは変わらないでしょ」とたしなめることがあった。私もそのことを理屈で理解しようと試みたことはあった。女性の包容力が胸のみには依存しないこともそれはわかっているつもりである。

また胸の感触についても確かにH、I、Jあたりになるとその間でもはや相関関係は無いのかもしれないがしかしAとDの間にはもういかんとも埋めがたい溝があるであろうしまたDとGの間にもきっと決定的な差異があるに違いない。自分にとって甘えたり触ったり抱き合ったりするとき充分に満足がいく境界線はどのあたりにあるのだろうか、例えばこの萌さんなどをミニマムに望むのはあまりにも高望みというものなのでしょうか?