彩名杏子

彩名杏子ayanakyouko01 彩名杏子ayanakyouko04

普段から自分を圧倒し包みこみ、埋もれさせてくれる胸を求めてしまう癖のある私にしてみれば杏子さんのようなタイプは物足りなさを感じるはずなのだがやはり毎日ステーキは食べ続けられない日本人が多いように私もみそ汁も食べたいし冷や奴も食べたい人種である。

谷間には平らなあばら骨と胸板がはっきり現れる杏子さんだがそれがまたこの平野からいきなりぽこんとそびえ立つ名峰のようでもあるし、胸だけが何か自立した性格を持ったペットのように体にいつも寄り添っているような魅力を発揮している。正面からぶつかってはかわいそう。後ろから抱きしめて思いきりかわいがりまくってあげたくなりますね。