相沢なほこ

相沢なほこaizawanahoko11b 相沢なほこaizawanahoko03

悲しい思い出や寂しい気持ちとだけいっしょに思い出される音楽があるように、そんな思いを連れて蘇る女の子がいるものである。まだ夢があった。

いや、内心あきらめていたのかな、、深夜のブラウン管で笑っていたこの子たちももう自分たちのこのころの写真を見てそんなふうに思うこともあるのだろうか。いや、女の人はもっともっと強いのだろうね。