パトリシア・ファリネリ

懐かしい、、、、この仰向けでもまったく流れずに形を保ったパトリシアの豊かな乳房に、ついに再会できた。

もし今出会ったものにまた20年後に懐かしく出会えることなどおそらく無いであろう、これはきっと生涯にほんのわずかしか経験できないことの一つなのである。この20年はあまりにいろいろなことがあった。

世界で一番若かったはずの我が世代も気がつくと何人もの仲間はすでに亡くなって鏡に映る自分の姿はあの頃の父親そっくりになった。そんな日々の中でも変わらず私は心のどこかで常にいくつものなつかしい乳房を思い続けている。変なことだと思いますか?私にはそれが当たり前のことのように思えるんです。