世紀末を駆け抜けた豊乳天使-青木裕子の思い出

 

1995年の夏も暑かったな。

すでにかとうれいこはグラビアより退いており、雛形明子も細川ふみえも意外な速さでグラビアから離れつつあったためそれまでこの分野で絶大な影響力を誇っていたイエローキャブ旋風も一息ついた感があり、豊かな胸のグラビアシーンは再び混沌とした状況へとはいっていた。そのころ私はどのような写真を好んで見ていたか今になるとよく思い出せない。

それほどに95年の彼女の写真との出会いは私にとって大きな出来事であった。

aokiyukomono

彼女の雑誌グラビアデビューであるヤングサンデーを私は見逃してまった。その後ほどなくしてある雑誌で彼女の写真を初めてみること
になるのだが最初の印象は「髪が黒くて多いなあ」ということであったうな気がする。しかしIカップというクレジットを見るまでもなく彼女の胸はいっしょに記事に出ている他の大きな胸の女性たちと比べても明らかにひと味違う堂々とした量感をたたえていた。

aokiyuko02 aokiyuko03

すでに96年の夏が過ぎるころには胸の好きなマニアの間で彼女は誰一人として知らない者はないほど確固たる地位まで上り詰めていたのだが、世間一般での彼女の知名度は必ずしもそうではなかった。

このギャップこそが後の彼女の寂しい引退という終末へと進む最初の大きな要因となっていったと言える。もしイエローキャブが所属事務所であったならば95年の後半ないし96年の前半までに必ずや彼女が一般に名前を認知してもらうための有効な手段を講じることができたかもしれない。

それは例えば露出回数が多いメジャーな飲料等のCMを獲得することかもしれないし、バラエティー番組であるかもしれない。「写せ!」ではあまりにアンダーグラウンドすぎたしその中での使われ方も全く彼女の良さを引き出すことはできていなかったように思われる。ミルパワーのCMにしてもあまりに地味すぎていたし。

こうして彼女はグラビアにおいてこれほど絶大きな人気を誇りながらもついに一般にはあまり知られることのないアンバランスな状態のまま96年も暮れていった。

 

aokiyuko96 aokiyuko97-2 aoki020901

彼女が他の豊乳グラビアアイドルと異なっていた点は横から見たときの厚みと安定感である。たいていの子はかなり巨乳であってもその姿勢によって必ず胸がなくなるポイントがいくつかある。そしてそのポイントがどれだけ少ないかで見た目の巨乳感が大きく変わってくるのであろう。

青木裕子はほとんどどの姿勢をとってもボリューム感が失われることが少ない、まさに「真の」巨乳であると言えよう。巨乳好きはその理屈を特に意識をしていなくてもどの姿勢は胸が強調されどの姿勢では胸がなくなるかを本能的につかむ習慣ができているものである。裕子さんはその姿勢に影響されることが少ない胸のために無理に胸を大きく見せるポーズをとる必要もなく、逆にほとんどの人で胸がなくなってしまうようなポーズをとることでその大きさを感じさせることができたのである。

こうして彼女は96年の声を聞くころには豊かな胸にあこがれる男性の心をつかみトップグラビアアイドルへの道を歩むのであるが、しかし、、

 

aokiyuko97-3 aokiyuko97-4 aoki041302

97年は彼女にとって最後のチャンスであったかもしれない。グラビアにおけるブームはいかに素晴らしい子であっても必ず終わりがきてその後は地道に活動が続けられるものである。だから彼女も特に他に目立った仕事がなくともときどき雑誌でその姿を見せてくれるモデルとなってくれても全くファンとしては差し支えなかったのである。しかし彼女が当初から望んでいた音楽がやりたい、という希望に対して事務所は誤った方向性を打ち出してしまうことになった。

97年になるとしきりと彼女がCDデビューへ向けてプロジェクト準備中、というような但し書きが添えられるようになってしまう。しかしグラビアモデルと音楽などはまったくといって接点がないくらい別のものなのであり、グラビアにおける成功は音楽に何の役にたつものでもない。これは遠い昔のアグネスラムから実証されていることなのであるが。もちろん彼女が望むCDデビューはさせてあげればよい、しかしそれはあくまでさりげなく、なにげなく行われるべきであって大プロジェクトとするようなものではなかったのである。

だがいつのまにかそれは彼女がこの業界で存続するために頼るべき起死回生の計画のごとき様相を呈してきてしまった。そんなことをしなくとも彼女の魅力を引き出すようなビデオクリップでも写真集でもゆっくり作ればよいだけのことだったのに。

 

aoki041304

彼女の顔立ちは知的であるしやや年齢も高く感じられるところがある。まだ少女らしさの残る明るくはじけた表情もよかったがしっとりとアンニュイなフォトもまた別の魅力があった。大人っぽいグラビアの素材となる素質は十分に持っていたと思われる。

 

aokiyuko-B aokiyuko97-7

ただ一つでもよい、彼女のネームバリューが豊かな胸のグラビアを好む人たち以外へも浸透するための媒体となるCMの仕事にさえ抜擢されたら、しかしついにそれは起こらず夏は過ぎていった。それでも彼女はただひたすら雑誌グラビアに出続ける。グラビア上の彼女はだれもかなわないワンアンドオンリーの魅力があるがしかしタレントとしては全く実績が無いに等しい不安定な存在なのである。

何か一つでも彼女の存在を一般に浸透させるメジャーな媒体にめぐりあえれば、それは夏ならビール、発泡酒、清涼飲料、化粧品といったところであろうか、または彼女のホームグランドとして安心できるテレビ番組があれば。不安な気持ちがまるで投影されるがごとく彼女の表情に陰が見え始めたのはこのころであった。

 

aoki041301 aoki041303

aokiyukocap08

トイレの花子さんでの裕子さんはかなり地味な印象であったが慣れすぎた演技をする今の若いタレントの中にあってはその素朴な感じはよい感じであったように思われる。

 

1998年、全盛期とは比べるべくもないものの彼女はまだコンスタントに雑誌グラビアに登場し続けていた。しかしグラビアでのキャッチフレーズはかなり苦心の跡がみられる。新鋭グラビアモデルとして昇る太陽の勢いである時期とは異なり先の何か具体的な計画が無いと話題に苦慮してしまうしグラビアモデルとしてはすでに2年たてば新しさを売りにするわけにはいかない。

このころから彼女の表情が目に見えて暗いことがだれの目にもはっきりするくらいになってきていた。笑っていてもどこか疲れていて憂鬱そうな表情。初めてであったときのはじけるような目の輝き、トレードマークのアヒルさんの口ももう見られない。心の乱れを写真はしっかりと捉えてしまうのである。グラビアにおいては徐々にその添え書きもひねったものになってゆく、最初はただ水着で明るく笑っている
だけでよいが徐々に自分自身の特色というものを見つけていかなくてはならないのである。

しかし彼女の場合まだワイルドでいくのかシックにいくのかがはっきりしきれていないきらいがあるようだった。シックになっていくと服は水着ではなく透けたドレスなどになっていくしワイルドならば破れた服とか豹柄や迷彩色の水着、といったものになり両方をしばらく実験して試しているようだった。

私が思うには全身を写そうとすると彼女の場合やはり脚のたくましさが目立つのでワイルド系のほうが合うようなので、シックはもう少し年齢が高くなってからでもよいかな、と感じられたが。

 

aoki041307

私が個人的に思い描いていた裕子さんの方向性は実はファッション雑誌であった。当然男性雑誌におけるグラビアとは異なるものとなっていくことは当然であるがバラエティ、女優そして歌手、という方向だけが道ではない、おそらく女性が女性雑誌においてこのような体型の女性を歓迎できる時代が目の前に来ていると思っていた。

JJなどに代表される活発タイプのモデルが全盛である中でこのような控え目ででしゃばりすぎずアウトドアにあってもどこか「静」の魅力を感じさせる彼女の雰囲気はきっと同性からも受け入れられるものではないかと思うのだが。

 

aokiyuko98-1

98年が終わるころにはいよいよ事務所はCDデビューのみを頼みの綱としているようだったがおそらく現場サイドでは具体的目処をたてられない状態であったのだろう。 事務所はこれほど人気を得た彼女を再び地味な番組のマスコットガールなどで使うことをよしと考えなかったのかもしれないし、彼女自身も嫌がったのかもしれないが惜しむらくは地味でも彼女が安心してよりどころとできるようなホームのような番組に一つだけでも恵まれていたなら、ということであった。

ちょうどこのころ彼女よりもっと地味に登場した黒羽夏奈子さんなどが3年を経たくらいからかえって静かに人気が出てきたし後に時代の人となる小池栄子さんなども番組のマスコットガールとして地味な登場をしている。しかし彼女自身の魅力は2000年を過ぎた後もまったくひけをとるものではないものだったのだからあせることはなかったと思うのだ。

 

aoki041306

裕子さんの最もフェバリットな写真は?と問われると非常に選ぶことが難しい、当初は私もありきたりに胸を大きく見せる写真を好んでいたのだが徐々に全体を見ることができるようになってきたようである。豊かな胸に限りない憧れを感じながらもそれだけではない、ということもどこかで常に感じ続けていられること、モデルとその豊乳の微妙な関係はいつまでも私の中に存在する永遠の課題なのである。

 

aokiyuko04

グラビアアイドルというのは一瞬の花火のようであるが中には何年もの間年齢に応じた魅力を提供し続けられる極めて一握りの人たちもいる。そのような存在になることは確かに困難でまたなろうとしてなれるものではないのであろう。しかし一瞬の、でも一生思い出に残るような夢を提供する存在もまたなろうとしてなれるものではない。青木裕子もまたその意味で選ばれた存在であった。

 

作者注)
2002年の4月その後青木裕子さんは別の事務所に所属して復帰された。グラビアモデルとしてではなく、かつてのような人気を博することはないと思うがそれはそれでも良いであろう。何より本人に明るい笑顔が戻り服の下であってもそのかけがえのない豊乳が健康に息づいているのであれば。

思い出のバチェラーガール

 

日本版プレイボーイに続き日本版ペントハウスなど一般男性雑誌において次々と海外有名誌の日本版が創刊されていた70年代後半のころ、成人向けエロチック雑誌の世界でもアメリカをはじめとする売れ筋スキンマグと提携した雑誌の創刊の動きが活発になっていた。バチェラーもその中の一つである。

当初は総合的成人誌であったがその後まもなく他の競合誌との差別化を図り独自のアイデンティティを確立する必要性を感じてバチェラーが選んだものがBIG BOOB,BIG TIT、そう「巨大な乳房」そして隣接する分野と言えるプランパーや妊婦などのヌード情報であった。そしてその判断は果たして正解であったと言える。

バチェラーはそれ以後約20年にわたり巨乳マニアにとって最も定番な雑誌としてその名を知られることになったのである。

BACHELOR

80年ごろのバチェラー。巨乳特化路線を徐々に明確化していたころのグラビアである。この程度の大きさでもうれしそうに紹介しているところが2000年の今見ると微笑ましい。

そばかすだらけの胸の谷間、キメの粗い肌など日本人巨乳の良さを逆に再認識させられる感があるが外人巨乳好きが言うにはまたそのきたなさが魅力なのだそうだ。

 

annmary

80年ごろまだラスメイヤーの映画は日本では極めて一部のマニアにしか知られていなかったようである。私も初期の作品は見たことがなく「スーパービクセン」くらいからしか知らないのであまり語る資格はないのであるが、このアンマリーはラスメイヤーがキトゥンと出会う前頃までの一番のお気に入り女優で当時としては飛び抜けた巨乳女優であったらしい。

 

私はバチェラーの巨乳専門化路線における最も大きなエポックメーキングの一つが初めてかのタイタニックティナを日本のマニアに紹介したことではないかと考えている。一般世間におけるセックスシンボルがマリリンモンローならばティナはさしずめマニアの世界における最大の偶像とも言える。彼女の正式な写真はすべてJohn Xavier氏の撮影によるものとされる。Xavier氏はカメラマンとして特に一流と言うわけではないのだろうがティナの専門カメラマンとして共にその名を知られることになった。

馬鹿の一つ覚えのように強いソフトフォーカスをかけることが妙な面白みを感じさせるがティナの盗撮されたものと思われる流出写真までわざと本物に似せるために同様のソフトフォーカス処理がされていてそれゆえティナの写真はベタな写真が当たり前のこのジャンルの写真の中で一種独特の雰囲気を持っている。

後になって公開されたティナを初めて撮影したときのモノクロ写真は全く違った雰囲気を持っており映画「コットンクラブ」の世界を彷彿とさせるようなレトロなムードである。しかしマニアにとってこれらの写真が貴重だったのは別の理由がある。彼女が本当に天然の超巨大乳房であったかを確かめるヒントを与えてくれたからである。人工乳特有のパンパンに張りつめた独特の形状の乳房に対して天然の乳房は皮膚も乳房と共に成長しているのでそのような無理な張りはなくまた必ずある程度以上の大きさになると乳房は形が保てず崩れた形となってくる。ティナは胸に脂肪がたまっていく病気であったためときどきそれを除去する手術をしないと一般の生活ができなかったと言われるがその病院通いが後に彼女が豊胸手術をするためだったと中傷される原因となってしまった。また有名になった後モデルとして仕事をしていくために顔の整形を行ったとも言われこれは明らかであろう。

しかしその元となる巨大な乳房はおそらく天然のものであることがこれらの初期写真から推測できるのである。話がいくぶんバチェラーの話題からそれてしまったがティナという巨乳マニア界における最大の謎とも言うべき素材をこのバチェラーがもたらしてくれたのである。

tinamono

 

 

ティナの正式な販売写真はザビエル氏の芸風によりきついソフトフォーカスがかかっているものばかりであるがこの写真は初めて氏がティナの家で写真を撮らせてもらったときのものでこのとき氏は普通のカメラが壊れていたために別のモノクロのポラロイドカメラしか持っていなかったため貴重な「普通の」写真となったものである。

tina0201

tina303291 tina303292

tina31116-02 tina31116-03 tina31116-1

 

 

 

80年代バチェラーは一つの絶頂期を迎えたと言える。当時アメリカのポルノビデオに出演していた多くの人気女優やストリッパーが次々とグラビアに登場した。それらはいずれもマニアの間では懐かしい名前ばかりではないだろうか。

ペントハウス誌のグラビアからポルノ女優となったクリスティーンキャニオン、同じくそのころのビデオに多数出演していたこのミンデイィーラエなども常連さんであった。

Mindyrae

クリスティーンと同時期に多数のポルノビデオに出演して人気のあったミンディー、当時の感覚でも「痩せた」乳房がかえってエッチっぽさをかもしだしていた。

 

 

80年代には日本の巨乳AVモデルの紹介ページも目立ってくる、同時に風俗においても巨乳コンパニオンを専門にそろえる店が登場してくるようになった。吉原のDカップコレクション、あんみつ姫などはその代表でこれらの店の女の子の写真を見ることもバチェラー購読の楽しみであった。

Dcupcollection

 

 

80年代のバチェラーではしばしばオールディーズ特集というようなタイトルで50年代、60年代のグラマーフォトの特集も行っていた。当時の編集スタッフのどなたがこのあたりを担当してたのか興味があるところであるが今の私が感じているのと同様にこの時代のグラマーモデルたちのおっぱいを含めてのレベルが非常に高いことをよく理解しておりそれらの写真は年月を越えて観賞できる素晴らしいものである。

50sphoto303291a 50sphoto303291b

60sphoto30329a 60sphoto30329b

 

 

80年代の後半にはいると登場するモデルのかなりの割合がかなりうさんくさい乳房をしていることに気づくようになってくる。

「巨乳」とは自然のいたずらであり授かりものであると考えるのが当然と思っていた多くのマニアに対して大きければいかなる方法でもかまわないとする退廃的な考えを持つ勢力がしのびよってきていたのである。

フェイク巨乳、つまり豊胸手術を施した人工巨乳モデルが次第にバチェラーにも多く登場することになり、バチェラーはいやおうなしに巨乳についての雑誌ポリシーを問われることとなっていくのである。

 

bustydusty

バスティダスティは人気があったようであるがこの胸はあきらかに人工であろう。90年代になるとこのような胸のモデルやストリッパーの写真を掲載せずには雑誌そのものが作れない時代となっていく。

 

minka

アメリカのポルノで活躍したオリエンタル巨乳といえば古くはチャイナリーを思い出す人も多いだろう。日本からはかの「しのざきさとみ」も渡米して数本の作品に出演した。このミンカは韓国人とのことであるがちょっとこの爆乳が天然であるかは疑わしいもののなかなか魅力的でバチェラーにも多く登場した。

 

90年代のバチェラーを見るとアメリカを中心とした人工乳の氾濫に対してバチェラーがとった編集方針の苦心が感じられる。もはやまったく掲載をしないわけにはいかないほど海外巨乳シーンは人工に席巻されていたしそれでよいとする読者層の数も無視し得ない。

しかし巨乳はあくまで天然の人材を発掘するところに意義があるという誇りを捨てては多くの読者に見離されてしまうだろう。バチェラーは人工巨乳のグラビアを掲載しつつも添える記事には賞賛の言葉を書かず天然巨乳モデルにその賛美を添えるというやりかたを保つことにしたようである。

しかしそんながんばりに答えるごとく特にイギリスやヨーロッパから素敵な天然巨大乳のモデルが現れてくれたことはバチェラーにも朗報であっただろう。それらの代表がリンジードーンマッケンジー、アンドレアイレーナフィッシャーなどである。

Linzi FISHER

イギリス(オランダ系とも聞いているが)のリンジー、ドイツのイレーナフィッシャーは徐々に人工巨乳が浸食しているシーンの中にあってバチェラーの救世主とも呼べる存在となった。

 

tawny towers02 kelly01

人工乳が氾濫するアメリカにおいても天然の良さを売りとするモデルはまだ多く存在しており、特に多くの巨乳マニアはつまらない人工乳を見るくらいならば太っていようと顔がよくなくとも高齢だろうと妊娠していようとそんなものは気にしない、あるいはむしろそちらを好むという傾向も強かったためアメリカからはそのようなおばさん巨乳、プランパー巨乳、妊婦など巨乳マニア内のさらにサブグループのような素材が多く提供されていたようである。

anger bachelor94

TERESA

90年代半ばではかえってこのような外人における天然の乳房は新鮮な喜びすら感じさせてくれるようになった。写真のテレサは欧米人ではかえって珍しい脂肪型の日本人の胸に近いタイプでどことなく親近感が感じられる。

 

バチェラーは海外の雑誌の紹介をメイン記事としている雑誌であるので権利等の問題であまり多くのオリジナルグラビアを掲載できないという足かせは創刊以来かかえている問題であったが少しずつ雑誌としての信頼性を高めることにより掲載権を獲得しオリジナルグラビアの比率を増やしてきたことは評価できるだろう。

しかし近年はインターネット画像関連の雑誌、DVD紹介専門誌、和製の巨乳雑誌その他盗撮、投稿雑誌などに押されて再び雑誌としての生き残りの岐路に立たされているようである。私はずっとバチェラーを見続けてきて常に海外雑誌の紹介記事中に小さい写真で掲載されているバランス破りの超巨大乳がこの雑誌のメイングラビアをにぎわしてくれたらと願ってきていた。

他のメディアから得られない物、専門化こそが今の雑誌のキーワードではなかろうか。まだまだ絶対的な乳房の大きさでは日本女性は英米の女性にはおよばない、バチェラーにはなんとかそのような問答無用の超巨大乳写真の発掘と掲載を期待したいと思う。