桂奈美

桂奈美

時代など関係ないんだなあやっぱり。時代を遡ろうと考えた当初は自分がよく知らない時代の巨乳さんに果たして学術的な考察ではないもっと生々しい気持ちを感じるものだろうかと自分自身半信半疑であったのだがまったくそれは杞憂であった。

本当に出会えてよかったなあと思える写真が次々と出てくるのが今では密かな楽しみです。

 

青山京子

青山京子

1980年、私は上京した。初めて知った六本木の夜の混雑。昼間これほど静かな街が夜が更けるほどに人の数が多くなる。いったいこれは何なんだろう、田舎育ちの私には深夜に何事もないようにビルから出てくる遊び慣れた風な女性たちを外国人のような気持ちで見ていた。

考えてみればずっと慣れ親しんできた週刊プレイボーイ、や平凡パンチ、平凡、明星で見ていた子たちはこんな世界で生きている別世界の人たちだったのだな、ということを初めて実感したのである。

 

横山エミー

横山エミー

「時代のあだ花」などという見出しが嫌いであった。美しいが無駄なグラビアなどあるものか。美しいグラビアを1枚でも世に出せればそれでもうしっかり実は結んだのである。

井本選手の名は残念ながら人々の中にさほど残らないかもしれないがその井本のパンツを洗ってあげたい、と去っていったエミーさんのことは多くの男性の心の片隅にいつまでも残っている。ゆえにかえって90年代になって発表したグラビアは悲しいものがあった。

 

真理明美

真理明美

デビュー作品の題名が「モンローのような女」といういかにもというタイトルであるから、さもありなんという感じであるが当時このバストラインはまさに日本人離れしたものであった。しかし彼女は本家のモンローのようにセックスシンボルになることはなかったがこれはおそらく当時まだセクシー女優が一般の若い世代に広く愛好されるようになるためのマスメディアが整っていなかったことも大きいように思われる。

結局若者の間で一人のの女性が絶大な人気を博するようになるのはこの10年後のアグネスラムの登場までかかるのである。

 

渚まり

渚まり

フーテンの寅という名前について一応私たちの世代はフーテンの意味をおぼろげながら理解しているのだが考えてみれば若い人たちは何の意味なのかさっぱりわからないのではないだろうか。

私たちにしてもさらにその前のみゆき族とかヒッピー族とか言われるとさっぱりで ある。かすかに記憶に残っている雑誌でGo Goを踊る東京の若者たち、というような写真記事に出ていた子はこんな髪型であったように思える。まだその服の下の膨らみへのあこがれは覚醒していなかったのであるが。

 

亜里香

亜里香a 亜里香b

このような美少女タイプの子は豊かな胸をしているのをつい見逃してしまうことがあるが、この亜里香さんもボーイッシュな美少女フェイスと実によいところでバランスをとっているふっくらした胸が逸品であろう。

これより小さいとボーイッシュな面が勝ちすぎてしまうし、これより大きいと逆に際物っぽくなるし。後に名前を変えて写真集も出したが古本屋でまた探してみたい気持ちになった。

 

谷ナオミ

谷ナオミ

谷さんについては70年代以降の活躍を懐かしく覚えていらっしゃる方が多いかと思うがデビュー当時は96cmの豊満な胸が「男殺しのおっぱい」の異名をとっていた。

哀れを誘う顔がいつしか彼女を厳しい道へと導いてしまった感もあるがしかし女王とまで称されるようになるとは当時の彼女自身も想像だにしていなかったかもしれない。

 

沙川菜緒

沙川菜緒a 沙川菜緒b

私の1996年ごろは青裕に入れ込むあまり見落としてきてしまった子が多いようである。平成女学園もたまにしか見ることができなかったということもあるのだが、ある方のおかげでこの沙川さんを再発見することができてとても感謝しています。

潰してしまうと目立たないおっぱいのようだけどそれがまた出すぎない良さのようなものも醸し出していますね。

 

ポーラ野沢

ポーラ野沢

1970年代の後半はCM史においてもかなり重要な時期であるらしい、それまで商品の名称や写真を中心にあくまで「宣伝」という最終意図を外さないように作られていたCMやポスターがそのもので一つの完結した作品に進化してその分商品そのものからは遠いところからイメージを表現することになる。

ゆえにCMやポスターからよいアイドルがたくさん出現することになった。確かこのポーラさんは全日空のポスターが印象に残っています。

 

辰巳典子

辰巳典子

「達見」と記載されている場合もあるがおそらくそちらは本名ではないだろうか。身長が154cmと低いので当時SONYの電子技術の代名詞となり始めていた「トランジスター」だけど「グラマー」という表現がなされておりおそらくこのころがこのトラグラ(トランジスタグラマーの略語)という語が使われはじめた走りではなかろうかと思われます。

 

竹村由里

竹村由里c

当時もバラエティー番組のちょっとしたアシスタントでよいおっぱいの子を見かけることがあったのだがまだホームビデオも普及していず録画ということができなかったため忘れ去られていった子の数は多い。

私もテレビでのこの子の記憶は非常におぼろげでしかないのだがこうしてスクラップをとってあったのはよかったなあ。ああ、ご本人に是非発見してもらいたいものです。

注)竹村さんはすでに外伝2で載せていました。あちゃー だぶってしまいました(汗

 

椎名みずき

椎名みずき

ここで一つお断りしておかなくてはいけないのですがAVや風俗関係の女性についてはたとえそのてのメディアに顔を出して写っていてもそれは相当のリスクを覚悟して、またその出版社等にいざという場合の手配を準備した上での掲載であることがほとんであるので私のところとしては顔はできるだけわからない処理をすることにしました。

しかしその人の顔と胸の両方がミックスされて全体の雰囲気を形作っているのでこれは残念ではあるのですがやはりそこは被写体ご本人の保護も大切であると考えるわけです。

ということでこのみずきさん、かわいいんですよー ほんとに「奥さんにしたい」と言いきっちゃいたくなるタイプです。

 

中島秀美 / 風かおる

中島秀美 風かおる

1980年代の前半から中盤が日本の巨乳史において谷間の時期であったということは多くの人が説いているところである。

アダルトビデオの分野で80年代半ばから巨乳物がジャンルとして確立されて突破口が開かれるのであるがそれまでの数年はグラビア、ポルノとも巨乳の人気タレントの輩出率は非常に低い、ここにあげた二人もそんな時代の数少ない豊かな胸の女優であるが当時の雑誌などを見ても一時的に男性が女性に対して性において優位に立ったというような証拠は見られず、むしろどんどん男性に対して優位性を増していく女性に抵抗した最後の時代であったのかもしれない。

この後男性は際限なく女性に甘える方向に進むかさもなければ優位性をロリータやアニメという架空のものに求めるようになってしまうのである。

 

南ももこ

南ももこ

ももこさんが持っているビデオカメラが時代を感じさせる形ですね。

よく思うのはタイムマシンで70年代にテレビとビデオデッキ、ビデオカメラを持っていけたらなあということです。高校の文化祭で講堂の片隅から眺めたあの豊かな胸の上級生の姿を今また見ることができたらなあ、、

 

南麻衣子

南麻衣子a 南麻衣子b

南麻衣子という名前を聞くとほとんどの方が80年代に活躍したほうの麻衣子さんを思い出してこちらの麻衣子さんを思い浮かべる人はごくわずかであろう。

まだアグネスラムもかたせ梨乃も登場する直前、テレビでは花の中3トリオに新御三家が活躍、そしてほどなくピンクレディーがデビューする、そんなアイドルの時代が始まろうとしていた74年から75年ごろ、当時のおそらく最高レベルのグラマラスなビキニからはみ出る胸を見せてくれていた麻衣子さんの数少ないグラビアの一つである。

もう一つビキニのとてもよい写真があったのだが未だ探し求めているところです。

 

ミミ

ミミa ミミb

この細くしなやかでいたずらっぽくてそしてかわいくはずむおっぱい、好きだったなあ。だから後にプロレスに入ったミミさんを見るのは嫌だった。嫌、というより寂しい、という気持ちのほうが適当かもしれない。確かに生きていくためにはミミさんもきっといろいろな苦労があったのだろうけど。

 

かわいのどか

かわいのどか

恥ずかしい話ではあるが10代の頃私はこののどかさんのおっぱいの魅力を理解することができなかった。今もってまだ未熟者のままではあるがそれでもあのころよりは少しはましになったのかな。

 

朝水里緒

朝水里緒

バブルがはじけてまもない90年代初頭もまだ80年代のなごりの雰囲気が色濃く残っていた。

巨乳史においてもやや谷間の時代の感が強いがしかしすでにかとうれいこを筆頭とするイエローキャブの勢力は強まっていたし他に豊かな胸のモデルやアイドルの比率も増えている。にもかかわらずこの時期があまり強い印象に残っていないのはもうマスコミの影響に他ならないのだろう。

自分で物を見て判断しているようで実は私たちはマスコミが今のように毎週巨乳巨乳と見出しをつけまくれば流行っているのだと思うしそうでなければ存在していないのと同じに感じてしまう。グラビア雑誌はもう何十年も私に豊かな胸を与え続けてくれはしたがよけいな判断もまた植え付けてしまっているのはいたしかたないことなのであろうか。

 

李媚

李媚a 李媚b

この日本人以上に日本人ぽく見えるしそしてなにより実に美しい弾頭乳輪を持った子はいったい何に出ていてどういう仕事の子なんだろう? と思いつつそのままになってしまった。

日活ロマンのほうに出ていたようであるがちょっとそのあたりは詳しくなかったため見そびれてしまいました。どなたか覚えていらっしゃる方いるかなあ。

 

前田美波里

前田美波里a 前田美波里b

すでに巨乳史特集で触れたところの前田さん、どの時代のグラビアを載せたものかいろいろ迷っていたのだがすでに70年代に入ってからのものにしてみた。とは言うものの資生堂のポスターでデビューしたのがなんと16歳だったのでこのときにもまだ26歳なのである、今(2003年現在)なら特にU16とか言っても驚くほどのこともないが当時その歳でこの完成しきった胸はちょっと信じることができないような出来事であった。

私自身、および多くの同年代の人が初めての巨乳意識を持った対象としてかたせさんを挙げるが日本の巨乳史においてより黎明をもたらす役割を果たしたのはこの美波里さんのほうなのであろうと考えている。

 

小沢真理 / 円山理映子 / 青木真知子

小沢真理 円山理映子 青木真知子

私がまだ10代のころはまだ友人どうしでも「大きな胸が好きだ」と軽く会話をかわすのはなかなかしにくいものがあった。もっとも当たり前のフェティシズムであるおっぱい愛好が何か恥ずかしいことと感じられる雰囲気が感じられたのである。

だから自然に私は好きなおっぱいが写っている写真をこっそり誰にも内緒でノートにはさんだりしてとっておくようになった。そのほとんどはまだそのときの自分より歳上の女性である。

憧れが現実とまだ一致していた頃、今より幸せであったのかなあ。

 

クリスティーナリンドバーグ

クリスティーナリンドバーグa クリスティーナリンドバーグb

自分でも忘れていた記憶が何かのきっかけではっきりと思い出されることがある。私がおそらく最初に魅力を感じた外人おっぱいはこのクリスティーナかダイアンソーンのどちらが先か、という微妙なところなのだがダイアンは映画の広告で正面を向いて立ちはだかる姿が印象に残っているのに対してこのクリスティーナは常に横姿でそのおっぱいの曲線をアピールしていたことが印象的であった。

このグラビアではないのだが真横を向いた写真でとても気に入って毎晩のように眺めていたものがあったのだがなんとか見つからないものだろうか。

 

児島みゆき

児島みゆき

さすがにハレンチ学園出演当時のみゆきさんの写真は持っていず、巨乳史特集で使用した写真が手持ちではおそらく一番古いものになってしまうのだが胸の大きさではむしろこのころのほうが成熟して魅力的であったかもしれない。

しかしこのような古い写真からでさえその不思議な柔らかさははっきり感じ取れるのだから人の感覚とは鋭敏なものですね。

 

キャンディスケーン

キャンディスケーン

Candyとクレジットしているものもあるが83年当時はCandisとなっているもののほうが多いように思われる。まだこの頃は胸のあたりのTattooは珍しくヘアスタイルもあいまって日本のモデルにはない本場のパンクな雰囲気が感じられた。

この人とエッチ、などと言われてもどうにもイメージすることもできないのでやはり私には見るだけのおっぱいではあったのだけど。

 

ゾーリー

ゾーリーa ゾーリーb

80年代に入って日本のグラビアから巨乳さんが姿を潜めたころにバチェラー誌に登場したこの童顔爆乳の子にはずいぶん驚かされてしまったものである。

今もって根強いファンがたくさんいるゾーリーはその後今のナディーン、ユーリアに至る西洋版巨乳アイドルの先駆けとも言えるだろうか。当時いくぶんの落胆の気持ちさえ持って見たリーさんの美巨乳、かなり遅ればせながらの掲載です。

 

坂本スミ子

坂本スミ子a 坂本スミ子b

小さかったころ、朝早い時間にテレビをつけるとテストパターンという円や線で描かれた図形が写っており、放送開始時間が近くなるとそのテストパターン画面のままオルゴールのようなBGMが流れた。そんな時間に起きるのは遠足とか旅行のときに違いない、私は何かが始まるそんな静かな朝が好きだった。

野菜売場にあまり四季がなくなったように朝も昼も夜も区別がなくなったのは何年ごろであっただろうか。このころ夜は夜らしく家の外は暗かったし怖かった。静かな夜をしめくくるこの番組で歌っていた坂本さん、やはり夜中であっても谷間を見せるなどということは考えられない時代だったのですね。

 

真柴桃子

真柴桃子

あまりに有名すぎる人ゆえに掲載には気をつかってしまいました。

この乳房との境界がはっきりしない大きな乳輪は貴重な財産とも言えるが日本女性ではどのくらいの出現頻度なのだろうか。これもまた天賦の才と呼んでよいものだろうと思うがしかしたしかにあまりに体の魅力がありすぎると本当の愛を得ることに苦労する、というのもわかるような気がしてくる。

 

アン・マリー

アン・マリーa アン・マリーb

ある程度以上の年齢の巨乳好きならば一度は見たことのある有名な写真、私たちにとってはマリリンモンローが地下鉄の換気口の上でスカートを押さえている写真以上に定番なものであろう。

しかしこのアンそのもについてよく知っている人はひどく限られているようで私も掲載のためにいろいろ調べていたもののどういう人であったのかよくわからないままここまできてしまった。ほかにもラスメイヤームービーで登場する巨乳の女優たちはその後あまり目立った活動の無い人が多いためにメイヤームービーでの写真だけがマニアの世界で有名になっていることが多い。しかし謎があるというのはうれしいことである。

いつかはメイヤームービーを飾った豊乳女優たちについてまとめてみたいとも思っています。

 

柏木洋子 / 江島祐子

柏木洋子 江島祐子

60年代にも大きな胸のモデルさんが多数見いだされることはすでにいくつか紹介しているところであるがやはりこのくらいのクラスが一番多いようである。やや前屈みで胸を内側へとつぼめたときだけに豊かな乳房になる、この姿勢はまさに赤ちゃんに授乳するときの姿勢であり、乳房はこの姿勢のときに一番乳房らしくなるものなのかもしれないという示唆をも与えてくれる。

この二人はけっこういろいろな雑誌に顔を出していたようなので記憶している人もいらっしゃるかもしれません。

 

川村亜紀

川村亜紀a 川村亜紀b

イエローキャブ所属のアイドルの中では地味な存在になってしまった亜紀さんであるが私はこのふわふわおっぱいが好きである。「おおきでしょ」と誇示するのとは逆にむしろ「小さいけどいいでしょ」と言っているようなけなげさを感じるんです。

 

桃香

桃香

どうも甘えたがりの私にはこのような巨乳なのだがコンパクトでかわいい子というのは時々自分の精神状態が特別なときにだけいいなと思うところがあるのだがむしろ男らしい人というのはこういう感じの子を好むのかな?

いったい性的嗜好というのは自分が屈折しているのかいないのか、変わっているのかいないのかそもそも「普通である」ことの基準などあるのかどうかさえわからないものである。

 

毛利郁子

毛利郁子

1960年代の豊乳さんとしてこの人を挙げないわけにはいかないことは先刻承知であったがさすがにリアルタイムで見ていない人について掲載するにはいくぶんの時間がかかる。

小林秀雄氏が「歴史とは思い出す作業である」と書かれていたが自分が実際経験したことしか書けないのなら歴史物語など書くことはできないのだし、きっといくら昔のことでも人は「思い出す」ことができるに違いない。きっと今の若い人たちはきっと私などが当たり前に思い出せる陽水や拓郎がデビューして歌いまくっていた時代のことでさえもう想像力を働かせて思い出すしかないのだろう。しかし慌ただしい日々の中で余裕を失っていくうちにその能力が錆び付いてしまうのは感じて寂しい気持ちになることがある。

これから先いったい自分はどれくらいの人を思いだして感じることができるのだろう。

 

松井康子

松井康子a 松井康子b

私は日本映画の歴史などについてはほとんど何も知らない素人であるが、私たちの世代にとっては小さい頃はディズニー映画、その後はゴジラ、モスラ、ガメラ、そして若大将シリーズに寅さん、そして薬師丸さん原田さんなどが活躍した角川エンターテイメント映画、といったところがすぐに思い出されるところではないだろうか。

60年代、私はすでに時代はテレビドラマ全盛へと移っていたころの方向性を苦悩しつつ作られた多くの映画についてはほとんど知らないままで再び日本映画に興味が戻ったのは愛のコリーダあたりからなのであるが、60年代には後の大女優たちのほとんどがこのような濡れ場シーンをいっしょうけんめい演じていたものである。

松井さんは残念ながら70年代以降は名をきかなくなってしまったが(60年代で引退されたのかな?)ほどよくふくよかな胸が気に入っています。

 

南たまき

南たまきa 南たまきb

60年代は写真雑誌でモデル名よりも写真家名をクレジットしたものがほとんであったため、南さんも名は出されていない写真が多いが美しい乳房は陰影で表情をつけるモノクロフォトにとってもとてもよい素材であったと思われる。

女優さんとしては大成できなかったがグラビアモデルの走り的な存在と言ってもよいのではないだろうか。

 

高峰三枝子 / 若尾文子 / 吉村実子

高峰三枝子 若尾文子 吉村実子

こんな大女優まで載せてしまって今にばちがあたりそうですが(笑

高峰さんについては後のフルムーンパスでのポスター写真のほうにしたいと思っていながら手にはいらないままなのでもう少し若い頃のものにしてみました。 豊満で肉感的熟女嗜好は豊かなおっぱいと不可分ですね。

若き日の若尾さんの美しさはこの当時もぴか一であったようですが後には逆立ちしても見せてくれなくなる胸も若いころにはがんばって覗かせてくれていました。そして吉村さんはあの吉村真理さんの妹さんです。胸はそんなに大きくないのですが心に何か感じさせてくれるものがありました。

 

泉ゆり

泉ゆり

少年時代の私の記憶の中でプレイガールやプレイガールQ、キーハンター、事件記者などなどは時期や場面がもはやごちゃ混ぜになってあたかも筒井康隆さんの短編「昔はよかった」のような状態になっている。

この泉さんのちょっと泣き顔風の容貌は私の中ではっきり記憶に残っているのにいったいどの番組で見たのやらもさっぱり思い出すことができない。共演者の男優さんの姿もよく思い出せるのだが。昔はテレビドラマ中の残虐シーンに規制がかけられていなかったため事件物ドラマでは今以上にエログロなシーンがあったのであるが、そう泉さんも確かバスタオルを巻いて出ていたんだったなあ。

 

片桐摩美

片桐摩美a 片桐摩美b

この人はもちろん外伝などに置くような存在ではないことは百も承知である。

おりしも90年はYCのかとうれいこの実質的なデビューの年であった。乳頭を出さない表グラビア世界の女王がかとうであったとしたらその房全部を見せてくれた摩美さんは裏グラビア界(まあそんなものはないですが)の伝説的存在である。

私はこの人のビデオさえ後に失ったことを書くことも嫌なほど悔いていたため今まで一言も名を出さずにきたがある方のご厚意でふたたびそれを見る機会をいただくことができた。やっとこの名を書くこともできる。長い年月だったけど。

 

西来寺ひろみ / 島和美 / 内田あかり

西来寺ひろみ 島和美 内田あかり

これから先、私がパクられず刺されず破産もせず彼女もできずもちろん結婚もせず過ごしていくことができたら、豊乳in My Lifeの掲載乳数もいったいどこまで膨大になるかわかったもんではないので、少しこのようにまとめても掲載もせざるを得ないようです。

特に演歌系を集めた、というわけでもなく、プロフィール的にはあまり統一がとれていないもののなんとなく共通する印象の3人をまとめてみました。内田さんはその後も息長く女優さんとして活躍されたので若い人でもわかるのではないかな。

 

横田マリ子 / 草野ミカ

横田マリ子a 横田マリ子b 草野ミカa 草野ミカb

何のことはない名前の感じが似てるだけじゃねーか(笑 と馬鹿にされそうですがそればかりでもないんですよ。当時(73~74年ごろ)のグラビア撮影には南の島以上にこういう避暑地の林の中というシチュエーションが多かったんです。

あと温泉宿という設定も出はじめていましたが。今のように沖縄や北海道よりグアムのほうが安く行ける、という時代ではなかったので予算を安くという現実的な理由ももちろんあったのでしょうけどそんな中でいかに非日常的な状況を演出できるか、という苦労があったのでしょうね。

草野さんは化粧品の美容部員さんからモデルになった方ですがこのおっぱいはもう先の時代に通じるフォルムじゃないでしょうか。 そして横田さんの横姿、下乳の脇へのカーブ、美しいですねえ。

 

杏梨

杏梨a 杏梨b

もちろんあたくしも好きだったオリビアを聴きながらの杏里さんとは違いますよ。柴田恭平さんひきいる東京キッドブラザーズに所属する女優さんだったのですがあまり私もよく知らないんです。

他の写真もお持ちのかたいらっしゃったら是非見てみたいものですが。

 

ジャッキー/ キャンディー

ジャッキーa ジャッキーb キャンディーa キャンディーb

「コラ!また名前似た人でまとめるんじゃない」

すみませんm(__)m それが理由です。ジャッキーは混血の方ですがキャンディーはたぶん純粋な日本乳でしょうし。不思議ですよねえ、なぜ外人の血がはいるだけでおっぱいの形が「あ、これは外人の胸だな」とわかるのか。

 

伊吹美奈

伊吹美奈

数枚の写真だけが思い出に強く残っているためにその人が他にはどういう活躍をしていたのかまったく知らない人が多いのだがこの伊吹さんも不思議でかつ強いイメージを残していったもののついに私はなにも知らないままであった。

おかげでその写真はアイドルやタレントのそれではなく、まったく一般の少女であるというところがかえってよかったりもするのですけど。

 

竹内のぞみ

竹内のぞみ

今更説明するまでもないが巨乳史と巨乳史外伝の違いは胸の大きさではない。自分の気持ちがどれくらい深くかかわったか、だけのことである。だから実を言えば2000年以降の巨乳アイドルはもっと外伝のほうに来る人が多いのであるがちょっと時間をかけて巨乳史のほうに載せているところもある。

そんなわけでたまたま今は自分とはすれ違いになってしまった竹内さんですがこれから先なにかのきっかけでさらなる発見をすることもあるかもしれません。

 

谷川彩華

谷川彩華a 谷川彩華b

これを記載しているときからちょうど10年前、1993年ごろというのは私にとってイメージのはっきりしない時期である。雑誌は残っているしよい胸の人もそこそこにいるのであるがあまり強烈な思い入れを持った人がいなかったため結局グラビアから去ろうとしていた時期のかとうれいこさんのことが一番印象に残ってしまっている。

いくら生活が苦しくとも巨乳フェチの本能まで消しさることはできないものの雑誌をゆっくり見る心の余裕は失っていたのかもしれません。

 

田中こずえ

田中こずえ

今すこしずつ整理している私にとっての80年代。きっと若いころのフェチ感情は多くの人の場合現実との絶え間ないギャップと妥協のくりかえしのうちに心の殻の中へと閉じこめられる。

しかしその殻の割れ目からにじみ出るフェチ感情は、たとえば電車の中でのみっともないじろじろ見のような形で外に現れてしまう。後ろめたくない巨乳フェチは私にとっては観念の世界のものでしかない。

 

美玲

美玲a 美玲b

まあグラビアやイメージビデオは本人にとってタレントへのステップであるのは当たり前だしなんだかんだ言ってもしょせんそういうものなのだろう。

多くのグラビアが世の中を通りすぎ、ほとんどのものとは出会うこともできないがいくつかとは縁があって出会う。きっと美玲さんは街で見かけても「あ、なかなかいい胸だなあ」と視線が止まるかもしれないもののいつまでも記憶に残るような大きな胸ではないし、それはほんの数秒で終わる日々の出来事の一つにすぎない、しかしたまたま何かのインスピレーションで購入したビデオでこの美しい房と色気のある揺れと出会えるとその幸せはいつまでも残るものになる、世の中にはこのように素敵なものを隠している女性がたくさんいるのだろうなあ、とは思うがおそらくその現実の出会いは永遠にあり得ない。

 

続麗子

続麗子

171cmの長身に1m超の豊かなバストサイズ、当然すぐにフェヴァリットになるかと思いきやどうもいろいろ眺め回すもぴんとこない、というかなんだかよくできたアンドロイドかマネキンを見ているような、あるいは外人の写真を見ているような感じでなかなか生々しい感情がわいてこないのである。

しかしこのように完璧とも思える胸にも感じない場合があるという現象にもフェチがいかなる原体験によってフェチになったかをつきとめるきっかけも隠されていそうである。

(注 竹下奈々子さんとしてすでに掲載していますがあえてとりあげてみました

 

望月るあ

望月るあ

いわゆるお菓子系アイドルの雑誌の写真というのはいかにその子の胸をフィーチャーしているように見えても胸へのこだわりを感じることができず、必ず神経の行き着くところパンティーであり股間なのである。

もしかしてお菓子系アイドルを好むマニアは巨乳マニアより性的には成熟した大人なのだろうか。

 

早坂絵麻

早坂絵麻a 早坂絵麻b

あれからちょうど10年くらいになるのだな。ちょうどバブルが崩壊した90年代の初頭、出演数こそ少なかったものの高貴さとはかなさ、哀しさ、独特の雰囲気をただよわせた絵麻さんの美しく豊かな胸は多くの胸フェチ男性に強い記憶を残した。

この人も外伝の人ではないのだがこれから本編に入れるのもかえって申し訳けないような気になるのでここに置かせていただいた。何年ぶりかで絵麻さんの姿を見て私はある個人的な思い出がよみがえった。片思いというのは成就しないだけでなく終わりにすることさえ難しいもの、あるいはもしかして終わりのないものなのかもしれない。

 

大橋未歩 / 小倉弘子

大橋未歩 大橋未歩小倉弘子

下平さん以来久しぶりでアナウンサーを掲載するが、もちろん他にもいい胸のアナウンサーさんはたくさんいる。アナウンサーさんの胸がなぜ魅力的に映るかは彼女たちがタレントではないからというところが大きい。

だからあまりタレント化した民放の人気アナよりNHKのアナたちがごく普通のOLさんで胸の魅力的な人を発見したときの気持ちを茶の間で(という言い方も古いけど)再現してくれるのであろうか。

 

湯通堂 泉

湯通堂 泉

1997年ごろ、あの伝説的巨乳少女木村さやかなどと共に爆乳倶楽部で活躍した子であるが一番地味だったのであまり覚えている方も少ないかもしれないですね。

 

松岡きっこ

松岡きっこ

今の若い人はバラエティー番組司会のおばさん、としてしか知らないのだろうけどかっこいいお姉さんだったんですよ。まだ体側よりずっと内側に収まる小ぶりのおっぱいではあるけど谷間と内胸が見えることがまだ少年だった私にはすごい刺激だったんです。

 

シリアポール

シリアポール

後にケン影岡氏の歴史に残る名乳房グラビアを出すことになるシリアがパンチパンチパンチの覆面DJとして初めて登場したころの写真である。私の中学時代は落合恵子さん、愛川欽也さん、そしてあのみのもんたさんなどが深夜のAMラジオのDJとして人気を博しており、深夜ラジオで私たちは世の中の新しい流行を得ていた。おかげで昼の授業は眠かったね。

そして時代が70年代に入ると音楽はAMでなくFM放送で聴く時代となる。私は洗練されたシリアのDJも好きだったが3枚目線のモコ(高橋もと子さん、右端)の話のほうが好きだったかな。

 

高橋レナ

高橋レナ

この人あたりでも何の説明もなく「あ、この人ね」と思い出せるような方がいたらもうあたくしは弟子にしてください、とお願いしたいところですがけっこういろいろな音楽番組でなにげなく後ろのほうですごい胸の女性がエレクトーン演奏しているところを見ているはずなのでデジャヴを起こす方はいらっしゃるかもしれません。

もし他の写真も所持していらっしゃる方がいたら是非是非ご投稿をお願いしたいですね。

 

リラシニヨレ

リラシニヨレ

60年代の終わり頃、まだ日本人モデルだけではグラビアをまかないきれなかった時代には私たちは今よりも当たり前に外人モデルのグラビアを見ていたのかもしれない。今は外人の雑誌と日本人の雑誌ではっきり分かれているのが当たり前だがこの当時は混在しているのが普通だったのである。

欧米雑誌からならそれこそお金を払えばいくらでも写真をひいてくることはできたのかもしれないが雑誌社は外国人グラビアを載せるにあたりそのころの日本の男の子たちの趣味を相当に考慮しながら選択していたのかもしれない。

私もご多分にもれずちょっとおっかない感じの欧米女性よりかわいくてしかしそのころの日本人ではまず追いつけないすばらしいボインの子が好きで毎日机の引き出しに切り抜きを入れて眺めていたものです。

 

三笠れい子

三笠れい子a 三笠れい子b

バスト103cmはこのころどういう測定方法なのかはわからないがしかし素晴らしい胸である。カラーのグラビアも見たような気がするのだが見つけださせないでいるので控えめな写真ではあるけど何とか想像してみてください。

 

リリイ

リリイa リリイb

そう、私は泣いていますベッドの上で、で一躍その名を広く知られることとなるリリイ(このころはまだ本名でクレジットされています)さん、なかなかいいおっぱいだったのですよねえ。

 

小畑ミキ

小畑ミキa 小畑ミキb

まさか2000年に入って再び若い人たちがアコースティックギターを持って道ばたで弾き語りをすることになろうとは時代のサイクルとはげに不思議なものであるという思いだが60年代の終わりごろのフォークの時代にはギターが小道具になっているグラビアは非常に多い。

私も30年以上の年代物をまだ持っていますけどね。しかしビキニの女性の思い出を持ってくることができなかったのは残念です。モーリス持てばスーパースターも夢じゃない、、、ハズだったのですけどね。

 

西条なみ

西条なみ

美しい、美しかったほんとうに。こんな姉さんに初めての体験をさせてもらったらなあ、などと思ったものです。

 

片桐夕子

片桐夕子a 片桐夕子b

30余年のすれ違いの後やっと私は夕子さんのおっぱいに出会った。当時私は夕子さんのことを嫌いではないもののなぜか胸に反応しなかった、大きいけどちょっと趣味が、というのではなくさほど大きいとも思っていなかったようである。

しかし年月が過ぎても自分の心の中のどこかに必ずこの人は存在していてロマンポルノという単語の背景写真は絶対に片桐夕子さん以外はありえなかった。

まるでそれは身近すぎて意識することを忘れている家族のような存在のごとく。