松金洋子matsugane40411

松金洋子 DVD 「めろん」 ラインコミュニケーションズ LCDV-20055 2800円

ここ数年日本の女性も初潮年齢が低くなって第2次性徴の年齢も低くなっていることは周知のとうりであるがたしかに顔がずいぶん年上に見える子が多いように感じられる。松金さんも最初自分の中ではいったいいくつくらいの子なんだろう?ととまどいが起こってしまった。低年齢でこのおっぱいであることはもう何の違和感も感じなくなってきたが若いのに不思議な落ちつきや母性感が感じられるのはむしろ顔によるものなんだろうか? 私はまだ残念ながら動く松金さんのビデオは見ていなのだがこの胸の感じはかなりやわらかいふわふわタイプかな?(2001年夏筆)

2002年に入ってからの彼女のおっぱいの成長は目を見張るものがあり、それとともに人気も一気に高まった。まさに群を抜いた、という感がある。問答無用の乳力で巨乳王国イエローキャブの面々をも一人で抑えこみ胸好きなマニアの間ではNo.1の称号を惜しみなく与えられることになる。この子のビデオは今後も日本巨乳史上の貴重なメモリアルとなるでしょう。(2002年加筆意)

安西美優anzaimiyu03 安西美優anzaimiyu01

ちょうどデビュー時期が小泉麻由さんといっしょだったが巨乳好きにとっては甲乙つけがたいこの2人の登場はうれしい出来事であった。面白いことに私などは小泉麻由さんと安西美優さんを「似ている」と当たり前に思ったのだが一般の人は「似ている」というのはどうやら顔のことらしく「ぜんぜん似てないじゃん」と言われてしまった。そういえばそうかな、乳輪の形などはけっこう違っているしね。(話がかみあわない)

青木理沙aokirisa08 青木理沙aokirisa07

実際に目の前でこの子の着衣でも脱いでもどちらでもその胸を目の当たりにすればおそらく自我がぼろぼろっと音をたてて崩れて舞い上がってしまう人も多いのだろうがその視線をくぎづけにされる存在感に対してブラのカップ標榜はまったく巨乳とは言えないEである。たしかによく見ればああ、なるほどその程度だなとわかるのではあるが、このように脱いだときほとんど流れもせず垂れずにツンと前をむいた美形乳房に加えさらにぷっくり乳頭が上を向いている胸は着衣のときほどよくつぶされることで丸みが出てなお見た目の量感が増すのである。

普段アンバランスの魅力を探し求めている私ではあるがさすがにこの理沙さんの美しい乳房にはやられました。まあまだ見ていらっしゃらない方はどうぞ。

栄真知子sakaemachiko

着衣状態が好きな私の趣味でこのような画像を選ばせていただいた。不思議なものである。もちろん素の乳房が素晴らしいのは当たり前だがむしろ24時間ずっとそれを見せられるとかえって魅力を感じなくなってしまうものかもしれない。しかし着衣巨乳は何時間何日間そばにいても飽きることはない。いつでもそばにこんな胸がいてくれるとしたらまさにそれが豊乳のあるin MY LIFEなのである。

デビュー後いつまでたっても掲載しないため一部でここの管理人はMEGUMIを評価していないのではないか、などという「あらぬ疑い」も生じたりしたようだが(笑) そんなことはありません。大好きですよMEGUMI さんのおっぱい。

ただ私は雑誌のキャッチコピーほど彼女は爆乳というわけではない、と言っているだけなのである。むしろこの画像を見ていただいてわかるように着衣ではマニアの目を持ってしてでないと普通の人なら見過ごすくらいにこじんまりとまとまってしまうタイプの胸である。だからなおさら水着になったときとの大きさの差が強調されるということもあるのだろう。 着衣で見事に見えて脱いでがっかりさせられるよりは着衣からの想像を裏切るふっくらとした胸が脱いだとき現れたときの幸せはきっといわく言い難いほどのものである。

彼女はあまり自分がその胸でこれほどまでに日本全国の男性のアイドルになることは想像もしていなかったのかもしれず、むしろその胸にはコンプレックスを抱いていたのかもしれない雰囲気が感じられるが、人気が出てさらにそのとまどいは大きくなってしまったのだろうか。

注)画像の掲載は停止しております

橘ちあきtachibanachiakiM1 橘ちあきtachibanachiakiM2

豊かすぎる胸にめぐまれた女性がその胸によって運命を左右されるであろうということは容易に想像できる。昔そういうことを飲み会のとき女性に質問したことがあるのだがもし巨大な胸を持っていたら女性は多かれ少なかれそれを利用して生きていこうと思うものなの? そのときの答えはNoであり、たしかにそういう人もいるのかもしれないけど例えば顔がきれいだったり脚やスタイルがよい場合でもそれを使って生きていこうと思わない女性もたくさんいるのと同じだ、ということであった。

しかしよく言われることであるがこれほどの胸になるとその存在だけでも「罪つくり」で男性の理性のたがをあっけなく木っ端微塵にしてしまう。隠そうにも隠せずにつまらないストーカーに狙われるくらいなら最初からメディアによってその豊饒を世にふりまくほうが本人にとっても幸せということもあるのだろう。

(注)後日画像を入れ替えることもあります

松嶋まりなmatsushimaM1

ちょうどこれを書いている頃私はMY巨乳史AV拾遺3を少しずつ作成しているのだが考えてみれば今ばりばりに活躍中の人を「拾遺」するのも変な話なのでこちらに登場していただくこととした。

だれもが納得するAV界での横綱クラスの松嶋さん。しかし意外なほどエッチは素人っぽさが抜けないところがまたいいのかもしれない。実はありきたりのAVからのカットを載せることをためらっていたらこのごろテレビ番組でちょこちょことその胸を見せてくれ始めたのでそのあたりからいってみましょう。ことさら広角レンズで強調されたカットなどではなくとにかく普通に見てその量感を感じることがマニアの真の楽しみであると日頃思っているところだが松嶋さんの比類無き爆乳ならそんな小細工は全く必要は無い。

ゆうこちゃんYUKO06 ゆうこちゃんYUKO09

もうとにかく素材の魅力のみで料理は素人まるだし、みたいなインディーズビデオに出ていた子でビデオについてはあんまりコメントのしようがないのだがなんだかバイト先で仕事のやりかたを聞いている女子高生のような話し方がなんだかだんだんかわいそうになってきてあーぼくの彼女になってくれたらすごく大切にしてあげるのになどとわけのわからない感想がわいてしまった。本当にあまり自分の魅力に気がついていないんだろうか?不思議だなあ、、、

藤吉由美子fujiyoshi04 藤吉由美子fujiyoshi07

いるんです、すぐ近くに、今すれ違った人かもしれない、今同じ車両に乗っているかもしれない、そう何気なく目立たない着衣の下でブラの肩紐をすぐにだめにしてしまいそうなずしっと重たく中身の詰まった豊乳が。だからあきらめちゃいけない、がんばろう、後ろからそのやわらかいお腹と下乳のすきまに手を這わせる幸せはけっして夢ではないんだから。そんな希望を与えてくれる藤吉さんの素敵なおもちのようなお胸。

青山あさみaoyamaasami05 青山あさみaoyamaasami03

ほんとうに人それぞれのわずかな大きさの違いや形の違いで魅力の出るポイントが異なってくるのは面白いものである。この青山さんの大きさでは残念ながら手をクロスして乳房を中央に寄せてもかえってボリューム不足が目立ってしまうし騎乗位で正立になると君津ゆうりさんあたりのクラスと比べ関脇レベルは否めない。と思って見ていたところ私が普段あまり見ても魅力を感じにくいうつ伏せでの房の揺れ動きがとてもよかったのでやはり人それぞれなのだとあらためて感心させられた。

砂原いずみsunahara03 砂原いずみsunahara04

左の写真をみて「あーこのてはよくあるねえ」と今まで自分が出会った女性の胸を思い出されている人も多いのではないだろうか。釣り鐘が斜め下あるいは下を向いて垂れているものとは異なり乳首はあくまで横あるいはないは斜め上を向いていながら胸の中身だけが垂れてちょうど乳房が下に平行移動しているように見えるタイプである。このような人の場合にはビキニなどで上手に寄せ上げしてあげると右の写真のように大きく見せることができる。悪い言い方ですが「騙せる」胸というものでしょうか。

小向美奈子komukai40411

DVD ミナコグラフィティー デジキューブ 2001年 1980円

これほどの美少女であることと豊乳であることがなんのバッティングもなく、まるでイチゴとミルクのように違和感なく共存している。そんな時代になったのだなあと理屈では納得しているものの心のどこかで いや、この陰にこもった日本人に限ってそんなことがあるわけがない というひねくれた気持ちが残っていて もしかしたらそんな美少女じゃないのかもしれない、とか実はそんなにおっぱいは大きくないのかも、などと思って意地悪く眺めてもそれはまぎれもなく美少女で脇と脇の間にあるものは立派に実った果実。

グラビアモデルになることを義務付けられてこの世に生まれてきたような子。しかも昔のように胸が大きいのにまったくセクシーさのかけらもないただ育っただけというものではなくからっと明るいちょうどアメリカのハイティーンに似たフェロモンが感じられる。巨乳の基準は確実に変化している。

綾波涼ayanami13 綾波涼ayanami14

私はあまりAVをかたっぱしから見ることができない性分で新しい物を見るにはしばらく間をあけなくてはならない。綾波さんについては多くのページの掲示板でその評判を目にしており、それらの内容からおそらく外しということはない上質な巨乳さんであろうということは充分予想がついていた。だから後は見る側の自分ができるだけ気分よく味わえるようなタイミングを選ぶだけのことであったがそのためここへきての掲載となったわけである。

巨大、というわけではなくまた着衣ではわりとめだたなくなるタイプの胸であるがやはり人気が出るだけのことはあってとにかくエッチな気持ちをそそる力がすごいと感じた。「エッチっぽい胸」の要素についても普段からあれこれ考えているのだが例えば右側の画像のように上乳はまっすぐすとんと落ちているが乳首から下の付け根までは大きく丸い弧を描いている感じ、これが立った状態でもいい揺れを作りだしているのではないかなあと感じているところである。

普段から常に巨乳を求めて神経をとぎすませている皆様もときにふっと気を抜く瞬間はないだろうか?私もある日仕事に疲れてガードをおろしたそんな瞬間AKIKOさんのバスト攻撃をくらった。無防備な脳はその稟とした胸の衝撃をまともにうけてがくっと膝をついてしまった。

ジャズ、ソウル、ラテン系ミュージシャンには見事な胸の人が多いということをわかっていながらもなんという不覚。しかし本業における高い評価とはまったく別のこのマニアの世界でも密かにマークされているとはまさか本人も、、、いや 本能的にはわかっているのかもしれないな、自分の胸が美しいということはきっと自覚しているのだろうし。 あまりゲスな動機でライブにいくのも気が引けるので、そう、CDショップでのサイン会などで是非見てみたいものである。

(画像を削除いたしました。)

森村ハニーmorimura03 森村ハニーmorimura06 森村ハニーmorimura15

載せようかなあ、別に載せなくてもいいかなあ、などと延々迷っていましたが載せましょう。別に嫌いとかいうわけじゃないんですよ。というか好きですね。しかしあんまり「胸!」っていう印象が残らなかったものですから。そんなにボリュームはないし巨乳感を出せるポイントも少ないのだろうと思いますが直立や前かがみより仰向けでそんなに無くならない、っていうところがかえっていいのかもしれないななんて感じを受けています。

あさのくるみasanokurumi03 あさのくるみasanokurumi04

CDでも中身はよくわからないのだけどジャケットから惹かれるものがあって買ういわゆる「ジャケ買い」というものがあるが、くるみさんの作品もそのジャケット見本画像を一目見たときからずっと心に留まっていて見たいと思い続けていた。

どうもパイズリというのはどれを見てもあまりいいなあと思えるものがなく、フェラや手でのしごきは上手な人がたくさんいるのにパイズリとなると胸が大きいから上手にできる、というものでもないようでなんかやっている女性もどう処理したらいいのかたどたどしくやられている男優も本当は今ひとつ気持ちよくなりきれていないんではなかろうか、と思われるところがあった。しかしくるみさんのパイズリは本当にひさしぶりに感情移入できるいい感じであった。

ポイントはパイズリと言っても胸というものは本来器用に動かせるものではなく要は手と口とのコンビネーションが大切なんだな、ってことでおちんちんをいつくしむように胸で包みながら手と口でかわいがるくるみさんのパイズリは素晴らしい。もちろん顔もしゃべりかたそして胸の質感も私にはぴったりはまる久々のMY HITです。

パムグリアーpam04 パムグリアーpam02

外人さんを載せ出すときりがないので控え目にしていますがここ数年の映画女優さんの中でいいなと思った中の一人です。それこそ映画の中でストリップ店の女の子、みたいなちょい役の人なら巨乳な人はごろごろいるのがアメリカの層の厚さですがそれでも主役クラスの人となると巨乳さんは限られてきます。このパムのおっぱいはなかなか迫力があって目立ちますね。もちろん天然のようですし。

白藤海音shirafuji02 白藤海音shirafuji10

何だか逆説的な言い方であるが魅力的なおっぱいというのは美しすぎないことが秘訣なのではないだろうかとよく思うことがある。こう書くと美乳は嫌なのか?と問われそうなので言い方を変えれば「整いすぎていない」どこかがちょっと崩れていることがかえって魅力になるのではないかと思うのである。

ミロのビーナスの乳房は完璧なのかもしれないがあのような胸の女性が目の前に現れても何か今ひとつむしゃぶりつきたい衝動がわかないかもしれないし。二等辺三角形がどうのなどという形状の基準など巨乳好きにはたいした意味は無い、手前味噌な考えかもしれないがもっとおっぱいとは個人個人の奥深いイメージや体験や記憶に働きかけるものなのである。

美月あんなmizukianna08 美月あんなmizukianna13

おそらく10年以上前ならば日本女性でこのようなおっぱいは想像しなかっただろう。顔をアイコラで黒人女性に差し替えても違和感が無い。立ったとき上下に扁平になるのに垂れずに横を向いているフォルム。このようなおっぱいを見るにつけこと乳房に関してはミス○○などという肩書きがいかに空しい権威であるかと感じてしまう。1980年代以降グラビアにおいても素晴らしい胸の人が何人も出たとはいえ常に先端で競い合って日本女性のおっぱいのレベルを底上げしてきたのはAVに違いない。

山口玲子yamaguchireiko14 山口玲子yamaguchireiko08

2002年の初めごろから人気が急上昇して某雑誌では「プニドル」なる称号も与えられていた山口さん。しかしその胸の形はとても古典的なタイプである。今の若い巨乳マニアにもまだこのような形のおっぱいは受け入れられるのだなあ。

しかし私はなぜか彼女に関してはその胸よりもちょっとネズミ系の瞳、特に黒目に不思議な魅力を感じた。胸フェチではないと言う人もおそらくエッチをするときには相手の女性の胸を愛撫はするのだろうし逆に胸胸胸ばかりのフェチにしても他の部分にキスをしたり愛撫したりもするのだろうから胸だけに惹かれているようで実はいろいろな要素に影響はされているものなのかもしれない。