東京トップレスの工藤先生が写された青山さんの写真は巨乳フェチの方々で知らない人はいないというほどのものであろう。工藤先生もおそらくその美しさを絶賛されている青山さんのGカップの胸。今回は初めて雑誌で紹介されはじめたころのものを掲載しよう。現実で大きな胸の女性を恋人にすることが不可能ならばもういっそ風俗女神は一般のレベルをはるかに上回る極上のものであってほしい、そうすればあきらめもつくというものです。

事情により画像掲載を中止いたします。(2004 May)

水谷ケイmizutanikei

初めて見たのはなんとギンガマンの操舵士シェリンダ。巨乳マニアでもなんでもない少年たちにこの体はちょっと刺激的すぎるだろう(笑  しかし何度も書くけれど私はけっしてこういうくびれ系ナイスバディーが嫌いなわけじゃないんですってば。いいものはいいんです。でも自分が抱かれる妄想とは別のところにいるというだけのことなんですよ。

lレイラマリーaylamarie01

なんとまあ美しい人でしょう、痩せすぎてもいないのが私にはつぼにはまっているし。ものすごく当たり前のことを今更のように気がついたのだが、女性の体はしっかり存在しているし森も湖も川も土も存在するし、でも撮影でもない限り森の中で女の子がこんなかっこうでこんなことをしていることなどまずありえない。だからことさら奇抜なセットなどしなくてもヌード写真というのはすべて幻想、フィクションになるのかもしれない。

こずえkozue09

よく雑誌などで「レースクイーンの巨乳***」というような見出しが出ていてもあまり期待することができない。脚線を主体とするトータルバランスがどうしても求められるレースクイーンの場合胸もそのバランスの範囲内での大小にとどまることがほとんどだからである。

そんな点こずえちゃんのレースクイーンはかなり異端なものだったかもしれないが彼女にしてもそれが本業ではなく8耐でスポット的に抜擢されたものであるから正統レースクイーンというわけではない。今回はブラが彼女には小さくて右は下乳、左は横へはみだしてる写真なのでこれにしてみました。

浅田翔子asada02

ちょっときれいすぎかな、隙が無さすぎです!(笑)こうなってくるとすけべな下心が消えてなくなって鑑賞モードにはいってしまうところがかえって難点なのかな?

乙葉otoha02

乙葉ちゃんの魅力はなんといっても胸の裾野の広さであると思う。彼女の乳房の上側の裾野は鎖骨の上までカバーしている。

巨乳好きの方の中には平地からいきなり垂直に立ち上がるようなおわん型(よく外人に多いタイプ)を好む人もいてもちろんそれもそれなりのよさがあるが、日本女性の場合、このタイプはどうしても乳房の痩せを感じさせてしまいがちになることが多いようだ。乙葉ちゃんの胸はその点非常に安定していて安心感を与えてくれる。

小池栄子さんと同時期に居合わせたことを不運と評する向きもあるがそのようなことはないだろう。乙葉ちゃんは乳房も体全体も小池さんのアクティブで動の魅力と対照的に物静かでゆるやかな静の魅力をたたえているのだから。

女性の豊かな乳房を果実にみたてて表現するようになったということはごく自然で必然的ななりゆきであろう。みずみずしくはちきれそうな2つの丸い極上のフルーツ。 顔を軽くぶつけるとポンとはじきかえされそうな弾力、指で軽くつつくとプルンと揺れるしなやかさ。透き通った肌の下に青くはりめぐらされた血管がほどよい体温を保たせる。

栄子さんの豊饒の胸を前にして私たちはあらためてこの世にこのおっぱいほど完成された造型物などありはしないのだと知るのである。21世紀の日本女性の新しい乳房と魅力の扉を開いたとも言える栄子さんの胸。これもまた私の死ぬまでの思い出となりそうです。

注)画像の使用は停止しています

上杉梨華uesugi01

トゥナイトのリポーターでいままで一番巨だったのはやっぱり岡本さんなのかな、しかしこの子もなかなかですね。というかほんとにこのくらいがごく普通の感じになってきているのでしょう。そろそろこの倍の大きさくらいまで選考基準を高くしてみようかな、うーんしかし倍だとちょっと厳しすぎかも。 ときどきビキニを見てすぐにあ、この子に乳輪は小さい感じだな、と見てとれる子がいるけど上杉さんもそんな感じがしますね。 いかがですか?

斉藤ますみsaitou01 斉藤ますみsaitohmasumi1026

どうもフォトジェニックばかり並ぶとどんどん没個性な写真羅列のページになっていきそうで怖いんですよ。でもこの子はややアクがあっていいですね。覆面してテレビに出てきわもの扱いされていたときもかえっていいな、と思っていたのだがエッチも大胆そうで、しかしけっしてよごれているとかいう意味ではなくエッチっぽいのがいいんですよね。もっともっと巨乳好きからは高い評価を得ても不思議ではないすばらしいお胸なのに地味に終わってしまうのが残念な方です。

黒羽夏奈子kurohakanako02

毎日仕事帰りにコンビニで巨乳アンテナを作動させながら雑誌を眺めているから名前だけはずいぶん覚えたのだがそれぞれの子が何の仕事をしているのやらさっぱりわからない。 まあしかし今はとにかく過剰情報の時代だからかえってそういうものをシャットアウトして自分の感覚だけをとぎすませるように努めたほうがいいのかな、なんて思いつつ、、、うーんいい胸ですこの子。

デビューはけっこう前でその後も地味にグラビア露出しているのですが豊かな胸が好きな人は脳裏に彼女のことが必ずや焼き付いていていつしか忘れられない存在となっている。そのような感じではないでしょうか。 今は「癒し」という言葉が乱発されてしまっているけど押しつけがましくなく、でもそばにいてくれると落ち着くような夏奈子さんのような人こそ真の「なごみ」のタイプではないかと感じています。

加山花衣kayamahanai

顔もきれいなんだからもうちょっと違う画像にしろよ、と言われてしまいそうだけど花衣さんはそんなには巨乳ではないようですね。 だから巨乳に見える写真選びでけっこう気を遣ったんですよ。

君津ゆうりkimitsu05 君津ゆうりkimitsu13

見ていてもっとも残念な胸というのはちょうどフライパンでホットケーキを焼くときのように仰向けになったときに胸が360度四方八方へ流れきってしまって平らになってしまう状態である。これに対してゆうりさんの胸は「理想的な流れかた」とでも言うべきものを見せてくれる。塊となって両脇にどーんと流れる感じは素晴らしい、横から顔を思いきり押しあててみたい衝動にかられてしまう。しかしビデオ内でそういうことをする男優さんはいないのでやっぱりAV男優さんにはほんとうに重度のおっぱいフェチな方はいないのでしょうかね。

次に右の画像を見てどこかで見たものに似ているなあ、と思う方はいらっしゃいませんか? そう、あのクリスティーンキャニオンにすごく似てるんですよ。左右の乳房の間が開いていて乳房がハの字型に外に開いている感じ。実は私も若いころはこのようなタイプの胸の魅力をよく理解していないようなところがありましたがだんだんこれこそが「エッチ感溢れる巨乳なのだ」ということがわかってきたんです。ちなみにこの画像は神津夕子のほうの名前で出ているときのものです。こんなにかわいくてしかも完璧な巨乳を持つ子が恋人になってくれたらもうそこですべての運を使いきって死んでしまうかもしれません。

岡倉あゆokakuraayu2

もうまったく申し分ない素敵な豊乳さんであるのになかなか掲載することができない人に関しての理由はほとんど2つだけである。すなわち私がその胸に対して添える文章がうまくわいてこない、どれもいい写真なのだがこれという決定的なものに出会わない。画像が雑誌やネット上にあふれているような子の場合、自分が特に載せなくとも自分でそちらを見れば済むことなのだから載せるには「それでもなお自分のところに置いて毎日ながめたい」という気持ちを起こさせるだけの光るもの、突き抜けたものがあったときである。
「あゆ」と言えば世間ではどうなのか知らないが私たちにとってはもちろん「岡倉」に決まってますよね!結局なかなか添えるコメントのいいものがないままここまでひっぱってしまったがとにかく理屈抜きで大好きです、ということで(笑)

吉田里深yoshidasatomi

BIKINIのフロント勢、山田まりあ、安西ひろこ、松田純そして吉田里深さんのなかではやっぱりこの子が好きだったかな。最近三田佳子の息子の地下室でパーティに加わっていたときの記者会見での少々危ない感じの姿もよかったがまあとにかくそのおっぱいが萎んでしまうようなことは絶対しないようにしてくださいませ。せっかくの授かりものですからね。