松坂みるくmatsuzakamiruku

今回この松坂さんと次の佐藤さんをもって「変革期」のラストとすることにした。

乳房の形は十人十色であるが最も大きく2つに分けるのならば脂肪優位の型と乳腺優位の型になるであろう、日本女性の典型的巨乳はあくまで前者の脂肪型であることは今後も続いてゆくかと思われるが今後乳腺型でどこまで日本の女性の胸が変化していくものか、すでに脚の長い人はだれも不自然に感じない、初めて日本でミニスカートが流行した頃の映像を見るとあらためてあまりの違いに驚かされるがいつしか胸もそのように進んでいくのであろうか。

佐藤和沙satohkazusa

今頃になっての掲載には意味もあります。 2004年をもって「変革期」が終了する兆しが感じられその幕引きにだれをもってくるのが適当かを眺めてみるとどうやらこの和沙さんのような独立した鏡餅型で弾性がある胸が90年代前半くらいまでの典型的な日本型の釣り鐘巨乳とは異なる、且つ日本女性の胸として決してここ数年は希ではなくなってきているNew Typeと言えそうだなと考えてここにもってくることとしました。