砂原いずみsunahara03 砂原いずみsunahara04

左の写真をみて「あーこのてはよくあるねえ」と今まで自分が出会った女性の胸を思い出されている人も多いのではないだろうか。釣り鐘が斜め下あるいは下を向いて垂れているものとは異なり乳首はあくまで横あるいはないは斜め上を向いていながら胸の中身だけが垂れてちょうど乳房が下に平行移動しているように見えるタイプである。このような人の場合にはビキニなどで上手に寄せ上げしてあげると右の写真のように大きく見せることができる。悪い言い方ですが「騙せる」胸というものでしょうか。

小向美奈子komukai40411

DVD ミナコグラフィティー デジキューブ 2001年 1980円

これほどの美少女であることと豊乳であることがなんのバッティングもなく、まるでイチゴとミルクのように違和感なく共存している。そんな時代になったのだなあと理屈では納得しているものの心のどこかで いや、この陰にこもった日本人に限ってそんなことがあるわけがない というひねくれた気持ちが残っていて もしかしたらそんな美少女じゃないのかもしれない、とか実はそんなにおっぱいは大きくないのかも、などと思って意地悪く眺めてもそれはまぎれもなく美少女で脇と脇の間にあるものは立派に実った果実。

グラビアモデルになることを義務付けられてこの世に生まれてきたような子。しかも昔のように胸が大きいのにまったくセクシーさのかけらもないただ育っただけというものではなくからっと明るいちょうどアメリカのハイティーンに似たフェロモンが感じられる。巨乳の基準は確実に変化している。

綾波涼ayanami13 綾波涼ayanami14

私はあまりAVをかたっぱしから見ることができない性分で新しい物を見るにはしばらく間をあけなくてはならない。綾波さんについては多くのページの掲示板でその評判を目にしており、それらの内容からおそらく外しということはない上質な巨乳さんであろうということは充分予想がついていた。だから後は見る側の自分ができるだけ気分よく味わえるようなタイミングを選ぶだけのことであったがそのためここへきての掲載となったわけである。

巨大、というわけではなくまた着衣ではわりとめだたなくなるタイプの胸であるがやはり人気が出るだけのことはあってとにかくエッチな気持ちをそそる力がすごいと感じた。「エッチっぽい胸」の要素についても普段からあれこれ考えているのだが例えば右側の画像のように上乳はまっすぐすとんと落ちているが乳首から下の付け根までは大きく丸い弧を描いている感じ、これが立った状態でもいい揺れを作りだしているのではないかなあと感じているところである。

普段から常に巨乳を求めて神経をとぎすませている皆様もときにふっと気を抜く瞬間はないだろうか?私もある日仕事に疲れてガードをおろしたそんな瞬間AKIKOさんのバスト攻撃をくらった。無防備な脳はその稟とした胸の衝撃をまともにうけてがくっと膝をついてしまった。

ジャズ、ソウル、ラテン系ミュージシャンには見事な胸の人が多いということをわかっていながらもなんという不覚。しかし本業における高い評価とはまったく別のこのマニアの世界でも密かにマークされているとはまさか本人も、、、いや 本能的にはわかっているのかもしれないな、自分の胸が美しいということはきっと自覚しているのだろうし。 あまりゲスな動機でライブにいくのも気が引けるので、そう、CDショップでのサイン会などで是非見てみたいものである。

(画像を削除いたしました。)

森村ハニーmorimura03 森村ハニーmorimura06 森村ハニーmorimura15

載せようかなあ、別に載せなくてもいいかなあ、などと延々迷っていましたが載せましょう。別に嫌いとかいうわけじゃないんですよ。というか好きですね。しかしあんまり「胸!」っていう印象が残らなかったものですから。そんなにボリュームはないし巨乳感を出せるポイントも少ないのだろうと思いますが直立や前かがみより仰向けでそんなに無くならない、っていうところがかえっていいのかもしれないななんて感じを受けています。

あさのくるみasanokurumi03 あさのくるみasanokurumi04

CDでも中身はよくわからないのだけどジャケットから惹かれるものがあって買ういわゆる「ジャケ買い」というものがあるが、くるみさんの作品もそのジャケット見本画像を一目見たときからずっと心に留まっていて見たいと思い続けていた。

どうもパイズリというのはどれを見てもあまりいいなあと思えるものがなく、フェラや手でのしごきは上手な人がたくさんいるのにパイズリとなると胸が大きいから上手にできる、というものでもないようでなんかやっている女性もどう処理したらいいのかたどたどしくやられている男優も本当は今ひとつ気持ちよくなりきれていないんではなかろうか、と思われるところがあった。しかしくるみさんのパイズリは本当にひさしぶりに感情移入できるいい感じであった。

ポイントはパイズリと言っても胸というものは本来器用に動かせるものではなく要は手と口とのコンビネーションが大切なんだな、ってことでおちんちんをいつくしむように胸で包みながら手と口でかわいがるくるみさんのパイズリは素晴らしい。もちろん顔もしゃべりかたそして胸の質感も私にはぴったりはまる久々のMY HITです。

パムグリアーpam04 パムグリアーpam02

外人さんを載せ出すときりがないので控え目にしていますがここ数年の映画女優さんの中でいいなと思った中の一人です。それこそ映画の中でストリップ店の女の子、みたいなちょい役の人なら巨乳な人はごろごろいるのがアメリカの層の厚さですがそれでも主役クラスの人となると巨乳さんは限られてきます。このパムのおっぱいはなかなか迫力があって目立ちますね。もちろん天然のようですし。

白藤海音shirafuji02 白藤海音shirafuji10

何だか逆説的な言い方であるが魅力的なおっぱいというのは美しすぎないことが秘訣なのではないだろうかとよく思うことがある。こう書くと美乳は嫌なのか?と問われそうなので言い方を変えれば「整いすぎていない」どこかがちょっと崩れていることがかえって魅力になるのではないかと思うのである。

ミロのビーナスの乳房は完璧なのかもしれないがあのような胸の女性が目の前に現れても何か今ひとつむしゃぶりつきたい衝動がわかないかもしれないし。二等辺三角形がどうのなどという形状の基準など巨乳好きにはたいした意味は無い、手前味噌な考えかもしれないがもっとおっぱいとは個人個人の奥深いイメージや体験や記憶に働きかけるものなのである。

美月あんなmizukianna08 美月あんなmizukianna13

おそらく10年以上前ならば日本女性でこのようなおっぱいは想像しなかっただろう。顔をアイコラで黒人女性に差し替えても違和感が無い。立ったとき上下に扁平になるのに垂れずに横を向いているフォルム。このようなおっぱいを見るにつけこと乳房に関してはミス○○などという肩書きがいかに空しい権威であるかと感じてしまう。1980年代以降グラビアにおいても素晴らしい胸の人が何人も出たとはいえ常に先端で競い合って日本女性のおっぱいのレベルを底上げしてきたのはAVに違いない。

山口玲子yamaguchireiko14 山口玲子yamaguchireiko08

2002年の初めごろから人気が急上昇して某雑誌では「プニドル」なる称号も与えられていた山口さん。しかしその胸の形はとても古典的なタイプである。今の若い巨乳マニアにもまだこのような形のおっぱいは受け入れられるのだなあ。

しかし私はなぜか彼女に関してはその胸よりもちょっとネズミ系の瞳、特に黒目に不思議な魅力を感じた。胸フェチではないと言う人もおそらくエッチをするときには相手の女性の胸を愛撫はするのだろうし逆に胸胸胸ばかりのフェチにしても他の部分にキスをしたり愛撫したりもするのだろうから胸だけに惹かれているようで実はいろいろな要素に影響はされているものなのかもしれない。

園原りまsonohararima02 園原りまsonohararima03

実は昨年(2001年)秋ごろこの写真と出会って以来もっとよく見てみたいとずっと気になっていたもののなかなか雑誌にもテレビにも露出してくれず今日にいたってしまった。

とにかく迫力を感じる胸である。このごろはセクシーさはAV系の人にまかせグラビアサイドの人は今ひとつ整いすぎていてえげつない魅力に欠けるきらいがあるのだがこの「すごいでしょ」と真っ向からいざなってくるようなおっぱいは価値がある。 是非動く園原さんを早く見てみたいものです。

カップサイズを記載せずにさりげなくB102と書かれたプロフィールにも不敵な自信が漂っている。そういえばこのごろのグラビアアイドルもカップサイズはどんどん大きくなっているのにトップのサイズで3桁を標榜している人はほとんどいないのも不思議と言えば不思議ですね。

(注 画像は後日変更、追加をする可能性があります)

吉沢萌yoshizawamoe

これほどの巨乳ちゃんでも決勝進出がやっとでメダルはまだ無理であろうか、というほど2002年のグラビア界のメンバーはこれまでにないすごい顔ぶれ、いやすごい「乳ぶれ」である。しかし巨乳を鑑賞するとき誰よりはどう、という比較、相対評価はなるべくしないほうがそれぞれの子の良さを見逃したり自分の本当に好きなものを見誤らないためによいのではないかと私は考えている。地味ながらこの萌さんなど見こむほどに若々しい弾力のあるおっぱいがブラからポンとはずんで出てきそうな良さが感じられる。動く姿も見てみたいものです。

根本はるみnemotoharumi40411

2001年から2002年はそれこそ次から次へと最終兵器やら史上最強やらが登場する有様であるがもちろんこの根本はるみさんとて「最終」ではないことを誰もが感じているところであろう。いずれ近い将来には欧米女性に比肩するくらいの巨大な胸を持つグラビアモデルが出現することもあながち非現実的な夢ではないかもしれない。しかしややスレンダーで細作りな日本女性ならではの体型での豊かなおっぱいはこの根本さんの写真を見るにつけこのあたりがエンドライン近くなのかもしれないなあ、と思えることもある。(もっとも彼女も痩せているとは言えずしっかりした土台、特に下半身の豊かさが胸をもささえていると言える)

ぽちゃ体型を別としてここから上のレベルに進むには体全体が大柄に、いわゆる「がたいの大きい」ことがどうしても必要となってしまうのではと思われる。しかしそれゆえ大味な巨乳とは違う繊細さを感じさせつつも大柄な豊かさを合わせ持つこのバランスは貴重であると思うのですがいかがでしょう。まさにグラビアモデルになるために生まれてきたような素晴らしいラインですね。

根本はるみ DVD「HAL」 アクアハウス株式会社 DAH-024  3800円

彩名杏子ayanakyouko01 彩名杏子ayanakyouko04

普段から自分を圧倒し包みこみ、埋もれさせてくれる胸を求めてしまう癖のある私にしてみれば杏子さんのようなタイプは物足りなさを感じるはずなのだがやはり毎日ステーキは食べ続けられない日本人が多いように私もみそ汁も食べたいし冷や奴も食べたい人種である。

谷間には平らなあばら骨と胸板がはっきり現れる杏子さんだがそれがまたこの平野からいきなりぽこんとそびえ立つ名峰のようでもあるし、胸だけが何か自立した性格を持ったペットのように体にいつも寄り添っているような魅力を発揮している。正面からぶつかってはかわいそう。後ろから抱きしめて思いきりかわいがりまくってあげたくなりますね。

cocolococolo04 cocolo15

バランスがよすぎるプロポーションにそのスレンダーで長い腕や脚などのほうが目立って胸だけが目立つということがないのだがしかし胸も芸術的カーブを描く。仰向けになると谷間のあばら骨があらわになるがスレンダー&巨乳の好きな人にはこれがまたたまらない魅力なのかもしれない。全身性感帯のようなまさにAV女優が天職のような子ですね。 私も胸を別にその彼女のエッチそのものの魅力に引きつけられました。

本間江梨honmaeri

なんとかいい画像が無いかとビーチバレーの雑誌なども探しているのだがまだ決定打には出会えない。テニスと並んでこのバレーボールやビーチバレーには豊乳さんが多いのでついついテレビの試合でもそちらを目当てになんとなく見てしまうのだが日本でもスポーツができるアスリートな豊乳さんが今後増えていくに違いなく私のコンプレックスはますます刺激されていくだろう。

酒井若菜sakaiwakana03

若菜さんはもちろんこれを書いている2002年のデビューではない、おそらく今この子について巨乳タレントとして見る人はほとんどいないであろう、しかし彼女はデビュー後急激にひきしまってしまったとはいえまだ視線を引くことができるだけの膨らみと谷間は有している豊乳さんである。

日本の文化がなんでもアメリカの後追いをする傾向は私は望ましくはないと感じており、できれば国ごとに異なる発展をしてほしいものだがこの巨乳愛好に関して今の日本はやはりアメリカのたどった道をたどっていると感じられる。おそらく近い将来現在巨乳とクレジットされるアイドルの大部分からその標榜は消えてかなりの胸の膨らみも「ナイスなスタイル」の一言の中に含まれるようになるであろう、しかしその代わりもっとアンダーグラウンドなところで顔もスタイルも無視しとにかくとんでもなく大きな胸に関するより偏ったフェティシズムの動きが現れるのではないかと考えている。「かわいくてしかも巨乳」もしかしたら相容れないこの2つを合わせ持つことができるもしかしたら最後の時代にさしかかっているのだろうか。

雛形ひろ子hinagatahiroko04

まだ小さかったころ町内会かそのようなものであったと思うが近所こぞって観光バスに乗りはるばる日本でも有数の温泉街へ旅行に行ったことがあった。大きな旅館タイプのホテルで夜には「大人向け」のショーが行われていたがその日は潔癖性の私の母はいっしょに来ておらず、父はそういうことは神経を使わない人だったので私も大人にまじっていっしょに10人くらいの女性がステージで乳房を振って踊るのをどぎまぎしながら眺めていた。

雛形さんは今浅草や上野の劇場で活躍している人気ダンサーだが下町のお姉さん的風貌はまさにこの仕事にうってつけであるかもしれない。 細いおっぱいは ボリューム感はないがよく使いこんでなじんだ道具のような良さが感じられる。

桜井彩美sakuraiayami02 桜井彩美sakuraiayami1207

AVデビューの前にすでに提供されていたいかにもアイドル然とした写真から受けた印象とビデオを見たときの違いが大きく少々めんくらったが写真をよく見てみると確かにアイドル風ポーズをしていながらもどこか世慣れた大人っぽさもただよっているようだ。 しかし作りこんだグラビア写真よりこのあらわな肉割れ、たくさんの黒子、いくぶん熟女風の乳房も味があって好きである。

このごろの女性で増えている低くやや抑揚にかける声や話し方にもかえって欲情させられる男性は多いのであろう。おっぱいの大きさだけがAVでセールスポイントにはならない時代がさらに進むとおそらくAV作品中でのおっぱいの尊重度も下がっていくことが考えられるがしかし私はいつの時代でもやわらかいおっぱいだけが頼りの不器用な作品もなくならないでいてほしいと思っている。

はづきももhazukimomo02b はづきももhazukimomo04b

もう単純に「好きなタイプ」なのだけど贅沢を言えばまだあとちょっとだけ体積感が出たらなあ、なんてほんとにマニアは身勝手ですね。 ほんとに自分の恋人がこんな子なら充分幸せなのでしょうけどマイアイドルは思いきり理想的であってほしいと思うのも無理のないことでしょう。 ブラで成形しているときのおっぱいと開放したときのおっぱい、両方をそれなりに好きになれるのが一番いいところですね。