ほんとに気に入っていた写真である。有名な子ではなかったがまさに70年代の最後に出会った珠玉の巨乳写真。

私のお宝の一つです、どうぞご鑑賞ください。

春川さんについては、historyの1しかも早い時期のところに置きたいと思い続けていたのだが、なかなかこれという画像がなくここまできてしまった。

しかしこのごろ思うのだが20代、まして10代でこのおっぱいがいい、と思える人はやっぱりそのほうが変わっているというかそーとー救いようがないポチャ巨フェチ予備軍と言えるかもしれないですね(笑)

ポチャ巨好きの素質がある人は、だいたい30代くらいからその症状が著しくなるのではないかというのが私の感じているところであるが、後になって思い返すと若い頃なにげなく見すごしていたと自分でも思いこんでいたポチャ巨乳さんたちのことを、心のどこかが原点として覚えていることに気づくのではないでしょうか。

 

なにげなく見ていたのだけどけっこう巨乳さんだったんですよね。ご本人は自分が肥っているとかなり気にしていたのだそうですがぜーーんぜんそんなことないんですが。

あまり日活ロマンポルノを映画館で見た経験が少ない私は、日活女優を女優としてではなく雑誌グラビア上でだけ知っている偏ったマニアであった。

だからあまり映画に関係したことは思い出に無いのであるが、おそらくそのように日活ロマンポルノ女優のことを映画では知らずグラビアだけで知っているという人は多いのでは、もしかしたら実際に映画を見ていた人よりその数は上回っているのではないかとも推測しているのだがどうだろうか。

本当は高い声の子を低いかすれた声と思いこんでいたり控えめな子を勝ち気で我が儘な感じと思いこんでいたり、もう映画をきちんと見ていた人たちにとっては邪道もいいところではあろうがしかし所詮は恋人どうしとなってつきあうのでもないのだしグラビアの女の子を好きになるのは外見以外はすべて妄想で作られた世界で遊ぶということなのであろう。

芸能人水泳大会で女性競泳に出てきた彼女のおっぱいは白くやわらかく怪しく揺れていた。

お笑い系男性タレントがスタート前のそれぞれの女性の腕やら肩やらをマッサージしていたのだがケイさんを担当していた芸人さんがどさくさまぎれに指で彼女のビキニの上にはみだす上乳を2回くらいつまむように触った、わずか1~2秒足らずの一瞬の光景であったのに指がその柔らかい胸に埋まって次の瞬間にびっくりするような弾力で戻っていくのを今でも思い出せるのだ。

まったく私の記憶っておっぱいだらけなんだね(苦笑

大切にずっと持っていたはずのサントリーカクテルブックをいつのまにか失っていたことがすごく悔やまれます。

他にも失ったものなど山ほどあるのだけど、それぞれ1つづつを思い出してしまうとそれに思いが拘泥されてしまうのはなんとも嫌な気分ですが、しかたないので彼女のちょっとワイルドなテイストのおっぱいが見られる広告フォトを掲載しておきます。

70年代の最後にだれをもってきたものかとかなり迷った末登場していただいたのが咲田美樹さん。

実は雑誌に頻繁に登場していた当時はあまりぴんとこなかったのだがむしろ今見るほうが艶っぽく垂れ具合も乳輪サイズも絶妙な素敵な胸である。当時は彼女のちょっと「おねえ顔」がしっくりこなかったのかなあ?

70年ちょうどのころ雑誌に登場しているビキニのモデルたちと比べてその10年の間で着実に時代が巨乳へと向かっていることがはっきり実感できる、そんな胸であった。